中条あやみさんのバッグの中身は、“常に自分を刺激する”もの!

持ち物ひとつひとつにも、その人の個性が広がっていることがわかる“バッグの中身”。今回は主演映画が続々と控えている、若手人気女優 中条あやみさんの登場です。

モデルとしても女優としても、しなやかに表現を続ける中条さん。人を惹きつけるその魅力は、想像力の豊かさにあるのかも? そこを刺激するアイテムが、バッグの中に潜んでいました! 

映画みたいな人生を送りたい

小さなバッグが好きだし、いつも身軽でいたいから・・・と“小荷物派”を宣言する中条さん。そんな彼女が絶対に欠かせないもの、それが本なのだとか。

「今ちょうど読んでいて、ぜひ皆さんにも薦めたいのが、『断言する。情熱で人生は変えられる。』という本。マドンナ、アインシュタイン、ディズニー、ココ・シャネルなど、偉業を成し遂げた人々がどうやって絶望から這い上がり、夢を叶えていったのかが書かれています。みんなそれぞれ苦労があり、それでも努力したからこそ今の地位がある。ならば私も頑張ろう。目指すべき方向へ一歩ずつでも進もう、と思えるんです」

中条さんのおばあさまが読書家で、「本の楽しさはすべて彼女から教わった」と言います。

「本の世界観にどっぷりと浸るのが好きなんです。登場人物になりきりたいから、ひとつひとつの描写もじっくりと読み込むタイプ。思い切って告白すると、自分の人生も物語のような、あわよくば映画のようなものにできたら最高だなって思っているんですよ。だから大好きな本を、いつも携えていたいです」

ニット¥25,000/ラインヴァンド、バッグ¥32,000/マロウ(ともにキャロル) パンツ¥24,000/アンドゥミ(エスティーム プレス) ショートブーツ¥95,000/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

今は映画『ニセコイ』の台本も持ち歩き!

今回の取材時は、まさに映画『ニセコイ』のプロモーションで大忙しの時期だった中条さん。台本もいつもバッグの中に入れているそうで、「台本を読み返していると、撮影当時のことが鮮明に思い出されます」と話してくれました。

「マンガ原作で、初めてのコメディ。たくさんの人の力と、いろいろな仕掛け、テクニックなどがバランスよく重なって成り立つんだなぁと実感しました。演じる側としては、緩急(かんきゅう)のつけ方や間(ま)の取り方がとても大切だと思うんですけど、共演の中島(健人)さんとリハーサルでしっかり話し合いながら進めることができました」

人気マンガ誌「週刊少年ジャンプ」で5年にわたり連載され、最長連載ラブコメとしても名高い『ニセコイ』。極道一家・集英組のひとり息子、一条楽を演じる中島さんと、ギャング組織・ビーハイブのひとり娘、桐崎千棘を演じる中条さんは、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”となります。

この撮影に向けて、人生初の金髪にしたんです。アクションもあるし、水に飛び込むシーンもあるので、ウィッグなどのフェイクなものだと逆に大変になるな、と考えて、思い切って染めました。ひとつ発見だったのが、オフのときに街を歩いてても外国の人って思われるみたいで、私だって全然気づかれない(笑)。なんとなく気持ちも開放的になって楽しかったです」

地毛を金髪にし、暴力的なキョーレツガールのイメージトレーニングも万全に臨んだ今回の作品。中条さんの気合は、スクリーンにありありと映し出されています。

まさに渾身の主演映画『ニセコイ』は、まもなく公開。中条さんのアクションシーンにも乞うご期待です!!

映画『ニセコイ』
12月21日(金) 全国東宝系ロードショー
【監督】河合勇人
【原作】古味直志『ニセコイ』集英社「ジャンプコミックス」刊
【出演】中島健人、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)/DAIGO
©2018映画『ニセコイ』製作委員会 ©古味直志/集英社

中条あやみProfile
1997年2月4日生まれ、大阪府出身。モデル、女優として幅広く活躍。日本テレビ系「アナザースカイ」レギュラーMC。2019年2月1日には映画『雪の華』が公開予定。

撮影/五十嵐勇生(TRON)
スタイリング/上田リサ
ヘア&メイク/横山雷志郎
インタビュー/本庄真穂

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る