オフショルより今っぽい!スタイリッシュな肌見せを叶える旬トップスは…

気温の上昇とともに、露出度の高まる夏。ただ、そこに必要以上の色気が垣間見えた途端、あざとい印象に陥ってしまう危険性も…。夏こそ余分な色気で武装するより、女っぷりは引き算して、“素”の自分が引き立つテクニックをマスターしましょう!

そこで今季狙いたいのが片方の肩だけ出したワンショルダー。色気が先行しがちなオフショルより今っぽくて、適度な女らしさが手に入る旬アイテムの着こなしをチェックして。 

トライバルな味付けで楽しむアシンメトリーな肌見せ

スエード調のスカートやコンチョベルト、ボヘミアン柄のバッグなど、大自然を思わせるトライバルな着こなしなら、肩を出してもヘルシーさをキープできます。

ワンショルダーリブニット¥29,000/ジェーンスミス(UTS PR) スカート¥17,000/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サングラス¥40,000/ティエリー ラスリー(サンライズ) ネックレス¥34,000、バングル¥37,000/ともにクレッシオーニ(ピルグリム サーフ+サプライ) イヤリング¥35,000/ザ ダラス×ジュラシック ワールド™&©UNI and Amblin(ザ ダラス ラボ.) ベルト¥24,000/プントビータ(フレームワーク ルミネ新宿店) バッグ¥63,000/ア ヴァケーション(アマン)

単品使いできる2枚組みワンショルダーにも注目

今季はワンショルダーとタンクトップのレイヤード型もお目見え。肩を出したくない日は重ねて使えばOK。

〈右〉レイヤードニット¥12,000/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店) 〈左〉レイヤードカットソー¥9,800/ユナイテッド トウキョウ(ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店)

肌見せトップスは、あざとい印象に陥りやすいオフショルダーから、露出度控えめなワンショルダーにシフトすることで適度な女らしさとトレンド感を手に入れることができます。
簡単に今っぽく仕上がる旬アイテムを、ぜひ取り入れてみてくださいね。

撮影/[モデル]西崎博哉(MOUSTACHE)、[静物]西原秀岳(TENT) 
スタイリング/竹岡千恵 
ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini) 
モデル/アレクサ

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る