可愛くて着ぶくれ知らず!「もこもこ襟」アウターがいい感じ

ハンサムなチェスターコートやクールなレザートレンチなど、辛口アウターが優勢な今年の冬。おしゃれリーダー格の海外セレブたちはそろそろ気分を変えたくなったのか、さり気なく女子っぽさをアピールできる、もこもこした襟のアウターをこぞって愛用中!


異素材ミックスにもなる襟がガーリーなワンポイントになってくれるだけでなく、首元はぬくぬくとあったかそうなのに、すっきりシルエットをキープできるのが人気の秘密のようです。

ジジ・ハディッド

オートクチュールのファッションウィークのため、パリに滞在していたジジが選んだのは、真っ白な丸襟がほんのりガーリーなシャネルのツイードコート

ブラックでシャープにまとめたウォルフォードのボディスーツとワードローブNYCのレギンスを、女っぽいモノトーンに仕上げています。白い襟とリンクさせた、ちらりと見えるロゴサスペンダーもシャネルのもの。

脚長効果をアップする旬なスリットパンツの裾からはドラティムールの白ブーツを覗かせて、軽やかな足元に。

ベラ・ハディッド

姉ジジと同じく、ショーに出演するためにパリにステイしていたベラ。

ヴィンテージムード満点なコーデの主役は、もこもこのシアリング襟が可愛さを添えるカジュアルなレザージャケット。ベストとドッキングしたようなユニークな一着は、若きマルチアーティストが手掛けるストリートウェアブランド、リース・クーパーのもの。

シャーロット・ノールズの柄トップスとフレアーパンツでレトロ感を演出しながら、ジャックムスのバッグがフレッシュな差し色として効いていますね。

ニーナ・スウェス

ベルリン・ファッションウィークのオフランウェイで注目を集めたブロガーのニーナ。

シックなボルドーカラーのもこもこ襟と派手な裏地がアクセントになるレザージャケットで、優しいラテカラーのワントーンコーデをピリッと引き締めています。

くしゅくしゅっとパンツの裾をインしたカウボーイブーツやラウンド型のバッグと個性のある小物使いも、着こなしを無難に見せないポイントに。こちらは2019年に日本上陸した、ドイツの人気ブランド、マーク・ケインのフルルック。

リサ・ハンブエック

同じくベルリン・ファッションウィークで、マスタードカラーの丸襟が差し色になるチェックアウターを披露したインフルエンサーのリサ。

こちらはドイツ発注目ブランド、オデーのもので、カールしたような毛並みの襟はモヘアとシアリングのブレンドなのだとか。

スリットパンツとバレンシアガのスーパーとんがりトウブーツですらりと見せたボトムスは、茶系ワントーンでトレンド感をアシスト。クロスボディ持ちにしたシャネルのチェーンバッグで、着こなしを格上げしています。


ロングコートも、レザージャケットも、あったかそうな「もこもこ襟」がついているだけで、ぐんと鮮度アップ。着ぶくれの心配もなく、季節感たっぷりにさり気ない可愛さを発揮して、気分も着こなしも一新してくれそうです。

文/江口暁子

江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る