海外セレブの最新ブーム! バーバリーのツヤピカトレンチ

先頃おこなわれたロンドン・ファッションウィークでは、プレジデント兼チーフクリエイティブオフィサー、クリストファー・ベイリーのラストコレクションとあって、ひときわ注目を集めたバーバリー。LGBTQ+コミュニティへの支持を表す、レインボーのヴィンテージチェックが話題になっているほか、海外セレブの間で一大ブームとなっているのが、おなじみのチェック柄をラミネート加工したり、パテント素材を使ったトレンチコート。この春のアウターはツヤピカがキーワードになりそうです!

タータンチェックのラミネートトレンチ

Licensed by Getty Images

イギリス伝統のタータンチェック柄のウールトレンチに、ラミネート加工を施したこのタイプが、ファッショニスタの間では一番人気。

スーパーモデルのベラ・ハディッドは、デニムに合わせて存在感抜群なトレンチをアピール。きっちりとベルトはしながらも、パーカのフードをのぞかせ、ニット帽とドクター・マーチンのブーツでカジュアルに仕上げています。

逆三角形レンズがスパイスになる、クリアカラーのタイニーサングラスはポピー・リシマン。

Licensed by Getty Images

こちらはドイツのインフルエンサー、キャロライン・ダウアー。彼女もきゅっとベルトを結んで、ワンピースっぽく着こなしています。

斜めがけした、がま口風のマイクロバッグもバーバリーのもの。ブーツもタイツも黒でまとめたことで、トレンチの主役感が増しますね。

Licensed by Getty Images

そんなキャロラインはファッションウィーク中、色違いのモノトーントレンチも披露。モダン・スコットタータンと呼ばれるチェックで、赤に比べてぐんとシックな雰囲気。

真っ赤なタイツを差し色にしながら、ベラと同じく黒パーカと逆三角形レンズのタイニーサングラスが今っぽさの秘密です。

ネオンチェックのラミネートトレンチ

Licensed by Getty Images

クラシカルなバーバリーチェックのトレンチをネオンカラーでアレンジした、インパクトのある1着を愛用しているのは、スーパーモデルのジジ・ハディッド。中に着たアナスイのTシャツのプリントとも、絶妙にマッチしているのはさすが。やはりフードをのぞかせるのが旬なスタイリングのようですね。

足元はドクター・マーチンのごつめなブーツで、黒パーカとのリンク感をアップ。オーバルレンズのタイニーサングラスは、オリバー・ピープルズのもの。

Licensed by Getty Images

そのネオンチェックのトレンチを難易度高めに着こなしたのは、ショッピングサイトのファッションバイイングディレクターを務めるティファニー・シュー。

バレンシアガの「ナイフ」ブーツもネオンカラーをチョイスし、オフ-ホワイトのトートでストリート感たっぷりに。

ラミネートレーストレンチ

Licensed by Getty Images

弁護士、TV司会者、モデルをはじめ、さまざまな肩書きを持つオーストラリア出身のジェシカ・カハワティは、ブライトピンクのレースをラミネート加工したロマンティックなトレンチで、バーバリーのショーに出席。トレンチ特有のメンズライクなディテールと、甘いレースが融合したロングコートは、スーパーモデルのカーリー・クロスも着ていたもの。

ジェシカはベルトをしっかりと締め、ベーシックなきれいめパンプスと合わせて、スタイルアップ。

パテントラムスキントレンチ

Licensed by Getty Images

最後はラミネート加工ではなく、パテントのラムスキンを使用し、裏地がバーバリーチェックになったラグジュアリーなトレンチ。ごくシンプルなデニムコーデを真っ赤に艶めくコートでドラマティックに仕上げたのは、英国のファッションアイコン、アレクサ・チャン。

クールなアクセントになるモノクロのメッセージTシャツは、自身が手がけるブランドのもの。レトロっぽさの取り入れ方に長けた、アレクサらしいヘアアレンジも効いていますね。


海外ファッションシーンではバーバリーのラミネートトレンチを筆頭に、PVC素材やパテントレザーを使用したツヤピカなアイテムがヒット中。この春はちょっと近未来的な光沢感が、おしゃれの決め手になりそうですね。

文/江口暁子


江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る