愛用者急増中!スウェットさえあれば、今っぽさは作れる【ファッションSNAP】

「おしゃれな人はいったいどんなスタイルを今、実践しているの!?」――そんな疑問を解決すべく、GINGERチームが街に出動。おしゃれのバランステクニックを調査してきました。
街中で愛用者が急増していたのが、スウェット。この時季の定番トップスは、ニットからよりメンズライクなスウェットにバトンタッチしているようです!

大きめサイズが狙い目!ロゴスウェットの着こなし

〈左〉きれいにまとめがちなノーカラーコートを、ロゴトップスでカジュアルダウン。「大きめのサイズでラフに崩してみました」(土屋弘美さん 37歳/会社員)

〈中〉主張の強いアイテムをスウェットとスニーカーのカジュアル要素で繋いでまとまりのあるスタイルに。実はこのスウェット、GUのもの!(長尾あずささん 29歳/主婦)

〈右〉トップスとソックス使いで叶えた、適度な力の抜け感にセンスが光ります。「ロゴ入りのスウェットは古着屋で見つけたチャンピオンです」(梅垣遥香さん 27歳/アパレル)

フード付きスウェットがアクセント

フードを差し色として使ったアレンジ力が見事。目線を上げる役割もあるので、のっぺりしがちなロングシルエットでもバランスが取れています。(YURUさん 31歳/LAURUN美容師)

着こなし次第でアレンジ自在!

スウェットを肩掛けにする斬新なテクニックはインパクト大。「あえて肩に羽織ってボリュームを出すバランスに最近ハマっています」(西川知子さん 29歳/アパルトモン プレス)

春も活躍しそうなスウェット。カジュアルになりすぎないよう、女らしさとMIXするのが、おしゃれ見えのポイントのようです!

撮影/岡本俊(まきうらオフィス)、オノデラカズオ

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る