春色スカーフのセレクト基準って? 巻くだけで圧倒的に美人見えする一枚を選ぶ方法

冬服に飽きてきたけどまだまだ寒い…。そんなときは春色スカーフをちょいプラスして気分を変えてみましょう。顔周りに似合う色を巻けば、一気に美人顔になれますよ。 今回はパーソナルカラー別のオススメスカーフをご紹介します。

思い切り華やかなカラーをチョイスしましょう

Licensed by Getty Images

ワンピースで着るには躊躇(ちゅうちょ)してしまうような華やかなカラーも、小物なら気軽に取り入れられます。ただし顔周りのアイテムは色選びが重要。せっかくならお肌のくすみをとってくれるような、似合う色から選んでみましょう。

まずはあなたのタイプをチェック。パーソナルカラーの自己診断はこちら

サマータイプの方は薄いブルーで爽やかに

Licensed by Getty Images

コントラストのある柄よりも、小さめの柄と淡いグラデーションが得意なサマータイプの方は、こんなタイプのスカーフがオススメ。
ワンピースの色と同系色にしてワントーンコーデを作っても地味にならずに上品です。薄いブルーを着ても貧血に見えない、顔色のよさを持っているサマーさんならではの着こなしです。

スプリングタイプの方はライトグリーンでキュートに

Licensed by Getty Images

春はライトグリーンのアイテムが店頭に並ぶ季節。スプリングタイプの方にしか着こなせないカラーですので、ぜひ取り入れてみてください。
ライトグリーンのレフ版効果で、顔色が悪く見えがちなスプリングさんのお肌を健康的な美肌にグッと押し上げてくれます。

ウインタータイプの方は赤×紺の王道スカーフ

Licensed by Getty Images

コントラストのある大きな柄も難なく着こなせるのがウインタータイプの方。寒い時期はクシュっと首元でまとめても素敵ですね。
写真のようにボルドー系のバッグと黒いパンツを合わせるとさらにウインターさんらしさがアップします。

オータムタイプの方はオレンジやグリーンを大胆に

Licensed by Getty Images

ボタニカル柄やオレンジのリボンの描かれたスカーフはオータムタイプの方にお似合いになります。大胆な柄もエレガントに着こなせ、色っぽい美女風のイメージに仕上げるのが大得意です。朱赤系のリップを合わせるとさらに美人度UP!
黒のコートの首元に差し入れるだけで一気に華やかになりますよ。

顔色がよく見えることで、自分の気持ちも周囲に与える印象も格段にアップしますよ。電車の窓に映った自分にうんざりしない、素敵な美人見えスカーフを味方につけましょう。

文/松本典子


【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
パーソナルカラーアナリスト/メイクアップアドバイザー/骨格診断士。東京・日本橋のパーソナルカラー診断・メイクアップサロン「Studio Nori」を主宰。出版社で編集者として働きながら、著名なパーソナルカラーアナリストである矢吹朋子氏に師事。その後出版社を退職し開業。パーソナルカラーの知識に基づくコーディネートやメイクの提案を行っている。目指せ雰囲気美人!
このナビゲーターの記事を見る