巻くだけでおしゃれ! 旬アイテム「サッシュベルト」の失敗しない取り入れ方って?

最近ますます注目を集めているベルトマークスタイリング。なかでも、柔らかな素材の太めサッシュベルトが、「ベルト慣れしていない人でも使いやすい」と評判。 いつもの服にプラスするだけで今っぽいスタイリングになる・・・ということはわかっていても、どう着こなしたら…?という声もたくさん。また、買ったはいいけど、使いこなせてないかも・・・!? とお悩みの方も多いのでは? コーディネートの中で浮かず、こなれ見えが叶うサッシュベルトの取り入れ方、GINGER最新号からピックアップしました!

まずは王道、ワンピースに合わせてみよう!

巻き方も、結び方も、自分好みに使えるサッシュベルト。まずは手持ちのワンピースに合わせてみるのが、カンタン。ウエストにくるんと巻くだけで、きれいなメリハリが演出できて、一気にこなれ感が生まれます。
ガリャルダガランテのプレス橋本実奈さんは、ストライプのシャツワンピにサッシュベルトをオン。服とベルトのカラートーンも合わせると、大人っぽくまとまります。

ワントーンでまとめて、さりげなく華奢見え!

おしゃれ読者の山岡葵さんは、黒×黒のシンプルコーデに、黒のサッシュベルトを巻いて、ニュアンス付けに成功。
パンツに太ベルトを足すことで腰高に見えるので、脚長&やせ見え効果も。インを黒で引き締めている分、アウターは淡い色で女っぽくバランスをとっています。

上級者を目指すなら、アウターにオン!

そして、ぜひトライしてみたいのが、アウターの上から巻く方法。
ライフズのディレクター吉田怜香さんは、以前から愛用しているというジャケットにサッシュベルトを合わせて今年風に!
手持ちのアイテムに巻くだけで、グンとトレンド感が増すのもサッシュベルトの魅力。バッグなどの小物とトーンを合わせてまとめてみましょう。

いつものコーデに巻くだけで、おしゃれ見えも、スタイルアップも可能なサッシュベルト。小物トレンドとして、ここからさらに盛り上がりそうなので、絶対にチェックです。まずは定番カラーの黒やベージュから取り入れてみて!

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る