春が待ち遠しい! 自分にピッタリのモテピンクを探す方法とは?

年始のセールもひと段落。そろそろ春物が気になる季節ですね。春物には積極的にキレイ色を取り入れていきたいところ。今回はあなたに似合うピンクをご紹介します。

ピンクが似合わない? 似合うピンクはこう選ぶ!

Licensed by Getty Images

「ピンクは気恥ずかしくて着れない・・・」「膨張色はちょっと・・・」そう思って敬遠しているGINGER世代の皆さんも多いかもしれません。
でも、ピンクの色味は実にさまざま。自分に似合うピンクを選べば、上品に見えるうえ、小顔&美肌効果が得られます。
似合うピンクを探すポイントはパーソナルカラー。肌のくすみを取って、心まで明るくしてくれる春カラーを選びましょう!

まずはあなたのタイプをチェック。パーソナルカラーの自己診断はこちら

サマータイプの方は桜色ピンク

Licensed by Getty Images

淡い桜色ピンクやベビーピンクはサマータイプの方の得意色。
顔が赤くなりやすいのがサマータイプさんの特徴ですが、桜色ピンクは顔の赤味を抑えてクールダウンさせて見せてくれます。
画像のように小さめの柄や無地でスッキリ着るのがお似合いです。

スプリングタイプの方はコーラルピンク

Licensed by Getty Images

コーラルピンクを着て、肌に透明感が出るのがスプリングタイプの方。
画像のように淡いカラーにゴールドの小柄など、上品な色合わせならピンク初心者でも大丈夫です。
細めのゴールド系アクセサリーをつけて、皮膚感の薄い肌を演出してみましょう。

ウインタータイプの方はベリーピンク

Licensed by Getty Images

ピリッと辛口のベリーピンクが似合うのはウインタータイプの方。
写真のように大きめのレースとの組み合わせは特に似合います。
仕事用に着る場合には、ワンピースではなくレースのタイトスカートで取り入れるとよいですね。トップスは真っ白のシャツで爽やかにキメてもOKです。

オータムタイプの方はサーモンピンク

Licensed by Getty Images

オータムタイプの方はサーモンピンクで肌がワントーン明るくなります。
画像のような濃いサーモンピンクはパンツで取り入れても可愛いです。クリーム色のブラウスを着るとさらに統一感が出ます。
ふわっと淡いサーモンピンクの場合は大振りのアクセサリーと合わせるとオータムタイプさんらしく着られます。


「ピンクが似合わない」と思っていた方も、ぜひ自分に「似合うピンク」を探しに出かけてみませんか? さりげなく取り入れれば、印象もぐっと華やかに。春からの恋愛運もアップするかもしれませんよ。

文/松本典子


【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】松本 典子/パーソナルカラーアナリスト
パーソナルカラーアナリスト/メイクアップアドバイザー/骨格診断士。東京・日本橋のパーソナルカラー診断・メイクアップサロン「Studio Nori」を主宰。出版社で編集者として働きながら、著名なパーソナルカラーアナリストである矢吹朋子氏に師事。その後出版社を退職し開業。パーソナルカラーの知識に基づくコーディネートやメイクの提案を行っている。目指せ雰囲気美人!
このナビゲーターの記事を見る