今選ぶなら、黒よりブラウン!おしゃれ業界人たちの私服SNAP

おしゃれ業界人たちの私服から、センスアップを叶えるヒントをキャッチ。 そのひとつが、ベースカラーが黒からブラウンにシフトしているということ! ブラウンは黒よりも柔らかく、深みやニュアンスを出しやすいとあって今の気分とトレンドにマッチしているのです。
ここではボリューミィなアウターでまとめた4つのコーデをご紹介!

落ち着きのある配色に小物でスパイスを

リムアーク ディレクター兼デザイナーの中村真里さんは、温かみのあるボアコートを軸にスタイリング。
「強めのベルトと黒小物でクールさをオンして、ブラウンに少しモードさをプラスしました」

Outer/RIM.ARK
Knit/RIM.ARK
Pants/RIM.ARK
Bag/The ROW
Shoes/No Brand

異なる素材とトーンでハイセンスな仕上がりに

フリーPRの曽根加南子さんは、素材とトーンで表情をつけてコーディネート。
「同系色で統一感を出しつつ、トーンと素材の違いでメリハリをつけました。ベーシックなのに新しさも出せるのが、このカラーの魅力です」

Outer/ETRÉ TOKYO
Knit/ETRÉ TOKYO
Skirt/ETRÉ TOKYO
Bag/ CELINE
Shoes/ Maison Margiela

カラーの濃淡を利用し、ボリューム印象を軽減

フリーダ ディレクターの小笠原希帆さんは濃淡を利用してボリュームバランスを上手に調整。
「ジャケットと帽子を淡いベージュにして、カラーの移り変わりを楽しみました。3首のうちのどれかが見えていると、ぼやけずに軽やか!」

Outer/Freada
Long Cardigan/R JUBILEE
Knit/R JUBILEE
Pants/ FREAK’S STORE
Knit cap/FREAK’S STORE
Bag/No Brand
Shoes/FREAK’S STORE

重量感で遊んだグラデーションコーデ

フリーPRの池上明花さんはフレアーパンツ×リッチなコートというボリューム感のある装い。ブラウンだからこそ、重くならずに着こなせます。
「カジュアル度の高いスウェットでハズして、親しみやすさをアップさせました」

Outer/No Brand
Knit/Vintage
Pants/ZARA
Bag/Louis Vuitton
Shoes/ne Quittez pas

ボリュームコートのインにおすすめ!ブラウンアイテム

ボリューミィなコートのインとして活躍させたいサロペットとトップス。シンプルながらディテールのあるアイテムは、着るだけでおしゃれ度をアップさせてくれます。トーン違いのボリュームコートを羽織って今っぽくまとめて。

〈左〉サロペット¥37,000/コリーナ ストラーダ(ジャーナル スタンダード 表参道)〈右〉トップス¥48,000/ELIN(クルーズ) 

“なんだかおしゃれ”を叶えてくれるのがブラウンの力。もしも着こなしに迷っても、トーンの違うブラウンと合わせるだけでサマになります。覚えておきましょう!

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る