堅すぎ、ゆるすぎNG!ちょうどいい「抜け感」の出し方とは?vol.1

きちんとコーデも、女らしい着こなしも、キメすぎはNG! どこかでちゃんと力を抜いておかないと、気張った印象に陥ってしまうものです。そこで、頑張りすぎずルーズすぎない、ちょうどいいおしゃれの“抜き加減”はどう作ればいいのか、そのテクニックを伝授! アウターの羽織り方や、露出の仕方ひとつでここまでおしゃれになれるんです。 

抜け感テク① デコルテ開き

最近では、ただ着るだけで自然と抜け感が出るようにデザインされた便利アイテムも増えていますが、その代表格がオフショルダーやゆるニットなど、デコルテの開いたトップス。さらに今季はアシンメトリーな肌見せを楽しめる“ワンショルダー”もトレンドです。

ロングスカートやワイドパンツなど、ボリューム系ボトムスが主流の今、トータルで重く見えないようバランスを調整するためにも、トップスの抜け感はマストです。

全身のシルエットがゆるいので、両肩出してしまうとあざとい印象に。アシンメトリーなデコルテのチラ見せぐらいがちょうどいいのです。

ニット¥32,000/ロベルト コリーナ、中に着たトップス¥27,000/アンスクリア(ともにデミルクス ビームス 新宿店) スカート¥13,000/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店) イヤリング¥21,000/ザ ダラス(ザ ダラス ラボ.) バッグ¥14,000/パロマ ウール(RHC ロンハーマン) パンプス¥48,000/ネブローニ(アダム エ ロペ) 

ちなみに・・・ノーマルに着てしまうと抜け感不足。スカートが長い分、トータルの重さを回避するためにも鎖骨は覗かせたいものです。

オフショルダーも、今季は進化形が続々ラインナップ。例えばこんな風にストラップを調節できるタイプなら、締めすぎ&ゆるすぎはNG。デコルテが半分覗くくらいの露出具合に抑えて、上品に抜け感メイクしましょう。

オフショルダーシャツ¥39,000/サヤカ デイヴィス、デニムパンツ¥33,000/サヤカ デイヴィス×サージ(ともにショールーム セッション) リング¥14,000/ルーカス ジャック(CPR トウキョウ) バッグ¥36,000/ライト(フレームワーク ルミネ新宿店) スリッパシューズ¥89,000/ビルディングブロック(デューン)

ちなみに・・・露出しすぎると一転、はしたない印象になりかねないので要注意。抜け感はあればあるほどいいとは限らないのです。

抜け感テク② アウター崩し

一日のなかでも寒暖差が激しいこれからのシーズン、ちょっとした羽織りは欠かせないアイテムです。トレンチやブルゾンなどの春アウターはもちろん、シャツやジャケットなど、襟付きの真面目なアイテムを羽織るときは特に、着方に工夫が必要です。

上までボタンをきっちり留めて、模範的に着てしまうと普段使いにしては、ちょっと隙がなさすぎる。わざと肩を落としたり、背中に抜いたりすることで“適当さ”が生まれ、カッコいい雰囲気に仕上がるのです。

コットンリネンジャケット¥21,000/ジャーナル スタンダード ニュウ(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) ヘンリーネックニット¥17,000/エイチ ビューティ&ユース パンツ¥24,000/ジェーン スミス(UTS PR) スカーフ¥9,000(参考価格)/アルテア、ベルト¥17,000(参考価格)/アトリエ アンボワーズ、パンプス¥49,000/ペリーコ(すべてアマン) ピアス¥5,000/ニナ&ジュール(プラージュ 代官山店) バッグ¥35,000/ポティオール(ショールーム セッション)

ちなみに・・・ビッグサイズの羽織りは、それ自体にボリュームがあるので、上までボタンを留めてきっちり着ると、やや窮屈な印象に。ボタンを外したり、袖をたくし上げたりするくらいのラフさが必要です。

このように、ちょっとした工夫ひとつで「抜け感」は簡単に作れるのです。羽織りやゆるトップスを着るときは、ぜひ意識してみてください。

撮影/東京祐
スタイリング/竹岡千恵
ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini)
モデル/丸山リサ

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る