NYファッションウィークからお届け! 海外セレブのピンクアウター最新SNAP

まだ春がやってきていないうちから、もう次の秋冬シーズンのコレクションが発表されているモードシーン。世界4都市でおこなわれるファッションウィークのトップバッター、NYに集結した、スーパーモデルやインフルエンサーの最新コーデをお届け!

極寒なことで有名な2月のNY。ゴージャスなファー(おそらくフェイク)やあったかそうなムートンコートに身を包んでいる、セレブが選んだ色は?

今季もやっぱりピンクが一番人気のようです!

ダウンジャケット

Licensed by Getty Images

まずはトップグレーのハンサムパンツスーツで、ティビのショーへ向かうベルギーのインフルエンサー、ソフィー・バルキエール。

肩落としでこなれたカジュアル感を添えたホットピンクのダウンジャケットは、ミラノのアウターブランド、ベーコンのもの。春のトレンドとして注目されているトランスペアレントなティビのコルセットで、さり気ないピンクグラデがお見事ですね。

仕上げはザ・ヴォロンの小さなボックスバッグで、女らしさをプラス。

フェザージャケット

Licensed by Getty Images

ラルフ・ローレンのショーに、イケメンモデルの夫、ヨハネス・ヒューブルと仲よく出席したオリヴィア・パレルモ。

ラルフ・ローレンのマニッシュなチェックパンツを、サンクセプトのフェザージャケットで華やかに盛り上げて、甘辛ミックスな着こなしに。

足元で大人な雰囲気を発揮する、こっくりカラーのダンディなバックルシューズはイタリア発サントーニのもの。

Licensed by Getty Images

ジョナサン・シムカイのショーをフロントロウで観賞した、スーパーモデルのデヴォン・ウィンザー。

’70sなムードが漂うデニムonデニムを、ボリューミィなフェザーコートでフェミニンに仕上げ。デニムはパンチの効いたデザインながら、さらりと肩掛けしたコートが柔らかな雰囲気を演出。淡いグラデーションピンクのふわふわ感が、女心をくすぐりますね。

ムートンアウター

Licensed by Getty Images

ロンドンを拠点とするセレブ御用達ブランド、セルフ・ポートレートのショーに向かう、オランダのストリートアイコン、リンダ・トール。

ジャケットをインしたような、ひとひねりあるデニムコーデを、ぬくぬくとしたピンクのムートンコートで女らしくシフト。

オーストリア発スポーツアイウェアブランド、カレラのアヴィエーターサングラスをスパイスにして、得意のストリートカジュアルのできあがり!

Licensed by Getty Images

フランス発ブランド、ザディグ・エ・ヴォルテールのショーに出席した、ミズーリ州出身のスーパーモデルのノエル・ベリー。

ALLブラックコーデの主役に、ライダースの丈を長くしたようなモードなムートンジャケットを抜てき。とびきりスウィートなピンクはもちろん、襟部分のあったかそうなファー使いで、レザーレギンスのクールさも一気に和らいで見えますね。

ロングコート

Licensed by Getty Images

人気セレブが集結したブランドン・マックスウェルのショーで、ランウェイを歩いたスーパーモデルのカーリー・クロス。

コレクション会場には、レースをラミネート加工した、ブライトピンクのバーバリーのトレンチで登場。リダンのブラックデニムにスチュアート・ワイツマンのブーツを合わせたシャープな着こなしも、ピンクレースの威力でロマンティックな印象。ピカピカした光沢感も、今っぽさたっぷりです。

Licensed by Getty Images

ラストはラルフ・ローレンのショーのゲストのひとり、ブラジルのカリスマブロガー、カミラ・コエーリョ。

ピンクのワントーンが、目立ち度満点なカミラ。近未来的なメタリックピンクのジャンプスーツは、ラルフ・ローレンのもの。バッグも、あえてメタリックなシルバーを選んでスタイリッシュに。

全体を優しくまとめるパステルピンクのロングコートが、春の訪れを感じさせますね。


ショーで発表されるコレクションと同じくらい注目を集める、オフランウェイでのセレブの着こなし。ここから次のトレンドが生まれるといわれているだけに、引き続きピンクアウターは要マークです!

文/江口暁子


江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る