【プレススナップ】定番デニムを今っぽく!〜池上明花さんの着回し術

雨が降ったと思ったら暑い日が続いたり、お天気の変わりやすい今日この頃。皆さまいかがお過ごしでしょうか? 今日はそんな時季でも変わらず着られるデニムパンツを、今っぽく取り入れる着まわし術をご紹介します。 

私が着ているのは、Levi’s 701のハイウエストデニム。リジット(ノンウォッシュ)が気に入り、ROKU beauty &youthで購入しました。丈が長めでカットはせずに、ひと折りしてはいています。 夏でも今季は濃いめのデニムがオススメです。カジュアルになりすぎず、コーデを引き締めてくれますよ。

1. ×ジャケット

リブキャミとチェックジャケットを合わせてハンサムスタイルにしました。Jane smithのジャケットはメンズっぽい作りですが、ノーカラーで女性らしく着られるのでお気に入り。カッコよく決めたい時は、ヒールで女度をアップさせるとこなれた雰囲気に。赤の大ぶりイヤリングをアクセントに取り入れました。

2. ×リブトップス

リブトップスと合わせた、シンプルなカジュアルスタイル。シンプルにまとめる時は抜け感を意識しています。今回はオフショルっぽく鎖骨をみせています。ハイウエストデニムなのでインしてスタイルアップ。洋服がシンプルな時はハットでアクセントをつけるのもオススメです。

3. ×ワンピース合わせ

Adwasのオフショルワンピを合わせました。このワンピースはサイドにスリットが入っているので、デニムと合わせても素敵に着られます。私はトレンドのワンショルっぽく着るのが気に入ってます。足元はSoleil by PUPUTIERのビーチサンダル。ウエッジソールで脚をスラリと見せてくれます。スタッズでエッジを効かせたクールなデザインなので、タウンユースもできますよ。

定番デニムの着まわし術はいかがでしたか? デニムも合わせ方次第で、オン/オフのさまざまなシーンで活躍してくれます。ひとクセ差し込むだけで、旬顔に変化できますよ。デニムが苦手という方もぜひ活用して、おしゃれを楽しんでみてくださいね!

写真・文/池上明花

池上明花/フリーランスPR
ナビゲーター
池上明花/フリーランスPR
商社でOLとして勤務後、大手セレクトショップのPRに。現在はフリーランスPRとして、活動中。
このナビゲーターの記事を見る