あのブランドがブームの火付け役!狙うなら「メッシュパンプス」

ファッショニスタのハートをがっちりと掴んで放さない最旬ブランドといえば、ボッテガ・ヴェネタ。モード界に大旋風を巻き起こしたクラッチ「ザ・ポーチ」を皮切りに、バッグだけでなく、足元までブームは拡大! アイコニックなミュールやごつめなブーツなどHITシューズが続々と登場しています。

なかでも春夏トレンドとして注目されているのが、メッシュの「ストレッチパンプス」。さり気なくモードな雰囲気を出せるだけでなく、軽やかさもあって、パンツスタイルに合わせやすいのが人気の秘密のようです。

ガブリエラ・ベルダゴ

ロンドンとパリを拠点とする、コンテンツクリエーター兼スタイリストのガブリエラ。

パリ・ファッションウィークのディオールのショーでキャッチされた彼女は、優しげなクリームカラーのワントーンコーデのスパイスに、ボッテガ・ヴェネタの「ストレッチパンプス」を抜てき。

パール調ボタンのパワーショルダージャケットに、トレンド感たっぷりな大げさ襟のブラウスを合わせて、クラシカルなムードを盛り上げています。

まるでペンダントのように首からさげたディオールのロゴバッグも遊びゴコロ満点ですね。

パオラ・アルベルディ

Instagramフォロワー数111万を超えるサンディエゴ出身のカリスマブロガー。

2月のミラノでプッチのショーへ向かうところをスナップされたパオラは、ピカピカ光るPVCのクロップドパンツで、ボッテガ・ヴェネタのメッシュパンプスをアピール。透け感はセンシュアルながら、ラウンドトウが柔らかさを加えていますね。

大人顔なブラウントレンチに、同系色のクロップドトップスで抜け感を出したこなれた着こなしはマックスマーラ。デコルテはゴールドのチェーンネックレスで華やかに。

ヴィクトリア・レーダー

オンラインマガジンを手掛けるミュンヘン在住のデジタルインフルエンサー、ヴィクトリア。

ミラノ・ファッションウィークでは、アンクレットのように華奢なゴールドチェーンが煌めく「ストレッチパンプス」の新作をチョイス。同じくボッテガ・ヴェネタの名品「ザ・ポーチ」はインパクトのあるゼブラ柄を選んで、マニッシュ全開なネクタイとモノトーンで統一しています。

パステルブルーのラインをプラスしたマニッシュなグレンチェックスーツは、マックスマーラの2020春夏コレクション。

マンディ・ボーク

ベルリンをベースとするモデル兼コンテンツクリエーターのマンディ。

ディオールのショーに出席した彼女は、シャープなブラックコーデの足元に、新作のメッシュパンプスをセレクト。パンツの裾に重ねたアンクルチェーンをアクセサリー代わりに、メッシュで軽快な印象に仕上げています。

ボートネックで上品に肌見せしたデコルテはゴールドチェーンのネックレスでゴージャス度アップ。Dのバックルベルトを主張するかわりに、グレートートで控えめにした小物は、どちらもディオールのもの。

ソニア・ライソン

甘辛MIXなモノトーンルックに、ボッテガ・ヴェネタの新作パンプスを合わせたのはドイツ出身のファッションブロガー、ソニア。

ゴールドのアンクルチェーンがロールアップしたマンゴーのブラックパンツで目をひいて、女っぽさを発揮していますね。

丈短めでバランスのいい、ヴィクトリアンなフリル襟のブラウスはザラのもの。ブラックレザーにゴールドのメタル使いがエレガントに輝くディオールのサドルバッグで、シックに格上げしています。

モード感を後押しするのはフェンディのスクエアサングラス。


メッシュの軽やかさとパンプスの女らしさで、いいとこどりが叶うメッシュパンプス。サンダルにはまだ早い季節にほどよい涼やかさを演出してくれるのはもちろん、パンプスだと熱すぎる真夏にも活躍してくれそう。

夏でもブーツ、冬でもサンダルをはく海外ファッショニスタにとっては、シーズンレスで使える、強い味方なのかもしれませんね!

文/江口暁子

江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る