ボーナス買い候補に!30歳になったら欲しい、ずっと愛せる時計

昨年100周年を迎えたスイスの時計ブランドMIDO(ミドー)。時計界をリードする高度な技術力と、いたずらにトレンドを追わないデザイン性で、ファンを増やし続けています。
7月に発売される新作は、シンガポールにあるアートサイエンスミュージアムか ら着想を得てたデザイン。さっそくチェックしていきましょう!

世界限定500本!レインフラワー リミティッドエディション

レインフラワー¥123,000/ミドー

限定レディースウォッチの「レインフラワー」。ビクトリアズシークレットのモデル、ロミー・ストリドが、ベルトカラーや石の配置など、ディテールをセレクトしたエレガントなウォッチです。

シンガポールの建築物であるアートサイエンスミュージアムにインスピレーションを受けたというレインフラワーのデザイン。ハスの花が空に向かって開き、花びらが水に浮かんでいるかのような、現代的で洗練された建築の外観をケースデザインや文字盤に。エントランス部分をローター部分のデザインに採用しています。


インスパイアされたのは、外観だけではありません。この建築物、雨水は建物の屋根によって回収され、数メートル下の貯水槽に流れる仕組みになっており、その後構内で再利用されています。建物の設計の中心にあるのは「持続性」。時間に挑戦するために構想されたミドーのタイムピースのコンセプトとも呼応しているのです。

バロンチェッリ ワイルドストーンズも見逃せない!

〈左から〉アベンチュリン¥117,000、タイガーアイ¥117,000、マラカイト¥117,000、ジャスパー¥112,000/ミドー

レインフラワーと同じく、2019年に新作としてデビューするのは天然石を使用したバロンチェッリ ワイルドストーンズ。
グレイン仕上げの文字盤中央に、ブルーアベンチュリン、タイガーアイ、マラカイト、ジャスパーをあしらったデザイン。

キャリアやお仕事においてパワーを発揮したい人は、ブルーアベンチュリン、安らぎを求めている人はジャスパーと、それぞれ石の持つパワーでセレクトしてもいいかもしれません。

そろそろちゃんとした腕時計をつけたいけど、どこのブランドを買ったら?と迷うことも多いですよね。歴史あるブランド・ミドーの時計なら、ビジネスシーンはもちろん、オケージョンシーンのドレスにも合わせやすく、いつも華やかに手元を彩ってくれます。

※プライスはすべて税抜です。

MIDO(ミドー)
https://www.midowatches.com/jp

GINGERweb TOPICS班
ナビゲーター
GINGERweb TOPICS班
知っているとお得なモノゴト、働く女子が知っておくべきハウツー、賢く暮らすためのアイデアなど、多忙なアラサー女子の生活に役立つトピックスを楽しく、わかりやすく解説。
このナビゲーターの記事を見る