SNAPで判明!“レフ板効果”な美人見えトップスで最旬モテコーデ

GINGER9月号では、街で見つけた1トップス+1ボトムスの“ワンツーコーデ”が上手な美人をスナップ!
今回は、白のタンクTに柄スカートを合わせるだけの簡単モテコーデをご紹介。 街で見つけたリアルな夏スタイルから、今すぐ使えるトレンドの着こなし術を探っていきましょう。 

小菅遥香さん(31歳/テレビ関連勤務)

トーガプルラのメッシュスカートを主役にコーディネート。透け感のあるデザインで夏でも涼しげに。
サングラスやバッグなど、小物はスパイシーにまとめたのもポイント。

吉羽真紀さん(31歳/商社勤務)

大流行中のヴィンテージ風花柄スカートも、鮮やかな赤ベースならぐっと華やかに着映える。
広がりすぎないスカートのシルエットで縦のラインを強調すると、スタイルアップ効果も。

SAORIさん(26歳/ユーチューバー)

ジーユーのシンプルなノースリは、パッと目を引く幾何学柄のスカートと合わせるだけでプチプラに見えない仕上がりに。
華やかかつ、エッジィなおしゃれ感を後押ししてくれる。

Tシャツ未満タンクトップ以上の“タンクT”はシンプルだからこそ、ボトムスの存在感を引き立ててくれる名脇役。
カラーは、レフ板のように顔色をパッと明るく見せてくれる、ホワイトをチョイスするのがおすすめですよ!

撮影/オノデラカズオ

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る