シャツはシルエットにこだわって ~GINGERスタイリストのMYベストアイテム

アイテムセレクトに厳しい目を持つGINGERスタイリスト陣が、平成生まれの定番アイテムからMYベストを紹介。
今回は【シャツ編】。それぞれのこだわりポイントが詰まった、セレクト理由についても語っていただきました。 

美シルエットが光る名品シャツ

1. TICCA~H28年生まれ

「ビッグシルエットなのにルーズに見せない、計算されたバランスが優秀。なんだか女っぽさを感じさせるムードにも惹かれます。大人の女性におすすめしたい名品です」(望月律子さん)

シャツ¥21,000/ティッカ

2. MARIE MAROT~H25年生まれ

「パリっぽさを感じる、ハリのあるかっちりとした作りが素敵。定番のスキッパーシャツは胸元の開きが美しい。一枚でもおしゃれ見えする、みんなに教えたい万能シャツです」(平田雅子さん)

シャツ¥29,000/マリ マロ(ディプトリクス)

3. MADISONBLUE~H26年生まれ

「羽織りとしてもしっくりくる長めの丈感、ラフに使える薄手生地がいい。今の季節はニットをインにしてレイヤードしたい。正統派なシルエットは飽きることなく長く使えるはず」(豊島優子さん)

シャツ¥34,000/マディソンブルー

4. AP STUDIO~H28年生まれ

「ハリ感のある素材とオーバーサイズのシルエットは、新世代の定番になる予感。抜き襟にすれば女っぽく、ボタンを全部留めればメンズライクにもなる。着こなしの幅も広い! 」(角田かおるさん)

シャツ¥20,000/エーピー ストゥディオ(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)

時代を超えて、長く愛され続けるであろう王道アイテム。
平成が終わる前にアップデートしておくことをおすすめします!

撮影/西原秀岳

※プライスは税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る