マリエさんがデザイナーに! ブランド「パスカルマリエデマレ」の魅力とは?

洋服が好き、おしゃれが好き、そんな気持ちが募り服作りに情熱を注ぐ5人のブランドディレクター。今回はそんな彼女たちの、ファッションに対する思いをインタビュー。 普段語られることのない、彼女たちのMyブランドに込めた愛に迫りました。 第1回はモデル、タレントとして絶大な人気を誇るマリエさん。 留学を経験し、新たなファッションの可能性を見つけた彼女のデビューブランドの魅力をフィーチャー!

ブランドを作るきっかけになった感謝の思い

今年6月誕生した、マリエさんが手がけるブランド「パスカル マリエ デマレ」。
モデル、タレントとして活動していた2011年に突如ファッション留学のために渡米したマリエさん。そんな彼女が、向こうで学んできたことのすべてを詰め込んだブランドです。
「雑誌にもTVにも出ることもなく、普通の学生として過ごしていたN.Y.時代。そんなときも応援し続けてくれたファンの子たちがいた。そんなみんなのために恩返しをしたい、その気持ちから生まれたブランドです」。

日本に帰国してすぐにスタートした、ブランドデビューへの道のり。
「すべて一からのスタート。とにかく知り合いに電話して、『どうしたらいいの?』って質問攻めしました(笑)。工場とのやりとりからパッケージの作成、発送まですべて自分で準備しました」。
工場を巡り、何度も試行錯誤を経て作り出したデビューコレクション。留学してから6年、ブランドディレクターとして新たなスタートを切ったのです。

妥協はしない、物作りへのこだわり

“妥協はしない”ということがマリエさんの服作りの根底にあるもの。
「たとえコストがかかったとしても余計なものは付けたくないし、デザインも細部にまでしっかりこだわりたいんです」。

こだわりがあるからこそ、1シーズンに販売する商品を6アイテムと決めている。
「ひとつのアイテムにこだわりすぎちゃって、正直なところ6アイテムが限界です(笑)。だからこそ、本当に必要なアイテムに絞るようにしています」。
しかし、マリエさんは7つめのアイテムを明確にイメージしている。
「買った人の“個性”が7つめのアイテムです。同じアイテムでも着る人によって服のイメージががらりと変わる、それがファッションの楽しさのひとつだと思います。私が1シーズン作るアイテムは6つだけれども、もっとみんなにアイデンティティーを大切にしてほしい、そんな気持ちを込めて“7アイテム展開”と言っています」。

気になる新作アイテムを先出し!

こちらは先月のブランドデビューとともに発売されたユニフォームTシャツ、まさにブランドの原点といえるアイテムです。販売スタート後、わずか5分で完売したという大人気アイテムの新作をSpark GINGERだけに公開してくれました。

それがこちら!
「第1弾でもこだわったプリント。次のシーズンはおもしろい仕掛けを加えました。蛍光塗料を使用して、暗闇で浮かび上がって見えるようにしたんです!」
着心地のよさやエコを考えてデザインされた、ノータグデザインや美しいシルエットはそのままに、よりポップに進化した新作は秋冬に展開予定。発売が待ちきれません!

マリエさんの私服をチェック!

どんなブランドのアイテムでも、気に入ったら購入するというマリエさん。メンズライクなチェックのシャツにパスカル マリエ デマレのユニフォームTシャツ、ダメージデニムのスカートを合わせてカジュアルにまとめています。「ハイブランドもファストファッションでも、何でも着ます。大切なのはバランスで、自分にちゃんと似合うものをきちんと見極める目を持っていたいです」。

SHIRT:Almost black
T-SHIRT:PASCAL MARIE DESMARAIS
SKIRT:VINTAGE
BOOTS:Maison Margiela

明確なこだわりを持って、長く愛用できる上質なアイテムを追い求めているマリエさん。GINGER9月号ではそんなマリエさんのファッションに対する愛をさらに詳しく掲載中。見逃さないでくださいね!
そして、マリエさんのブランドが気になる人はオンラインショップをチェックしてみて!



GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る