小さなサインを見逃さないで!注意したい子宮まわりの病気とその症状

子宮まわりの病気について、より真剣に考えなければならないGINGER世代。自覚症状がないことも多いため、異常や病気の前兆を見逃してしまうこともあるようです。身近になってきた病気だからこそ、改めて学んでおきましょう。


ここでは、注意しておきたい病気や症状などを産婦人科医・高橋怜奈先生にお話を伺いました。

今すぐチェック!アラサーが気を付けたい子宮まわりの病気

アラサーから増える子宮の病気は、主に子宮内膜症子宮筋腫子宮頸がん。もっと上の40、50代の世代になると、子宮体がん、卵巣がんにも注意が必要です。なかでも子宮内膜症は約10人に1人、子宮筋腫は約2〜3人に1人はあるくらい、身近な病気です。子宮頸がん検診のときに超音波検査をプラスすることで、子宮内膜症と子宮筋腫の発見につながります。

以下にあげる主な症状をチェックして、心配なことがあれば婦人科で診察を受けましょう。

子宮内膜症

子宮内腔にしか存在しない子宮内膜が、腹膜や子宮筋層内、卵巣など、主に骨盤内の子宮内腔以外の場所にできる病気。子宮内腔以外の場所で増殖した子宮内膜は排出されることなく、からだの中にとどまるため、炎症や癒着を起こす。病気が進行すると、卵管や骨盤内にまで広がり、不妊症の原因やがんになることも。卵巣に起こるチョコレート嚢胞も子宮内膜症のひとつです。

【主な症状】
□生理痛が年々ひどくなっている
□経血量が多い
□性交痛、排便痛がある
□腰痛がある
□生理中以外に下腹部痛がある

子宮筋腫

女性ホルモンのエストロゲンが筋腫の発育に関係した病気。30歳以上の女性の20~30%に見られ、婦人科の病気では最も多い。子宮筋腫ができる場所によって症状は違う。5〜6cmになっても問題ないこともあるけれど、内膜の近くにできると、1cmと小さくても過多月経の原因などになることが。子宮の内側に子宮筋腫がある場合は、着床もできにくく、不妊にもつながります。

【主な症状】
□生理痛がひどい
□経血量が多い
□生理中、貧血になりがち
□腰痛、頻尿が見られる
□下腹部にしこりがある

子宮頸がん

子宮頸部に発生するがんで、ヒトパピローマウイルスの感染が原因。性交経験があれば、若くてもなる可能性がある。感染からがんになるまでの進行が遅く、早期発見できれば、子宮の頸部を一部取るだけで治療可能なこともあるけれど、症状が何もでないことがほとんどなので注意。最近は20、30代の女性に急増傾向で、国内では毎年約1万人がかかり、約3,000人が死亡している。

【主な症状】
□おりものに異常が見られる
□生理以外で不正出血がある
□性交中に出血がある
□生理期間が長くなっている
□経血量が増えている

検診は2年に1度を目安に!

厚生労働省によると、子宮頸がん検診は2年に1回を推奨しています。その頻度で受ければ、子宮頸がんによる死亡率は減らせるという意味です。でも、2年に1回だと不安、いつ検診を受けたか忘れてしまう人なら、1年に1回の検診でもいいでしょう。

痛みや体重減少などの異常はないけれど、実は子宮頸がんや子宮筋腫、子宮内膜症だったという無自覚なケースもあります。 また、妊娠後に大きな子宮筋腫が見つかり、早産などになってしまうことや、妊娠初期に大きなお腹なので、調べてみると、大きな卵巣腫瘍や卵巣がんが発見されるという実例もあります。

子宮頸がんを予防するHPVワクチンは性交経験者でもおすすめ

子宮頸がんを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンに関しては、アメリカでは45歳以下の男女に接種することを推奨しています。性交経験後だと効果がないというわけではないので、HPVワクチン未接種で、45歳以下であれば、HPVワクチンの接種をおすすめします。

子宮頸がん検診とHPVワクチンを組み合わせることで、より安心できます。

妊娠を望む場合はもちろん、自分自身が後悔しないためにも、定期的な検診を心がけましょう。

監修/産婦人科医・高橋怜奈先生
東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍。2016年6月にボクシングのプロテストに合格し、世界初の女医ボクサーに。女性医師が数多く所属する「女医+(じょいぷらす)」の一員として、健康の啓蒙活動なども行う。


イラスト/上坂じゅりこ

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る