コロナでネイルサロンが休業中…。すぐにできる応急処置と便利グッズを紹介

新型コロナウイルスの影響で、多くのネイルサロンが休業している今。ジェルネイルをしている私は、自分でオフしたり長さを整えるのが難しく、かなりピンチな状況に・・・。

そこでこの記事では、友人のネイリストに教えてもらった応急処置方法を実際にやってみた様子と、オンラインでも購入できる便利グッズを発見したのでシェアしたいと思います。


文/GINGERweb編集部  

オフキットがない場合

一般の除光液では落とすことができないジェルネイル。専用のオフキットを持っていない場合の応急処置としては、普段は推奨してはいませんが爪切りで少しずつカットするのがベターだそう。
ジェルネイルを落とすのではなく、長さを整えるイメージですね。

ジェルネイルは強度があるので、注意しながら少しずつ慎重にカットしていきます。

5回くらいに分けてカットすると、このような感じです。

ネイルファイル(爪やすり)でカットした面を整えていきます。

人差し指だけ爪切りを使用して整えてみました。
アートなしならこの方法で十分だと思いますが、ラインストーンなどが付いている場合は難しそう・・・。

あくまでもこの方法は応急処置なので、定期的にネイルサロンに通える平常時は爪切りは使わないでくださいね!


便利グッズを発見!

「やっぱりオフしたほうがいいな・・・」と思い、生活必需品の買い出しのついでにドラッグストアへ。
最近はセルフでジェルネイルをする人も増えているからか、ドラッグストアにもジェルネイル関連のグッズが豊富に置いてありました。

そこで発見したのが、この「ジェルリムーバーパック」(30枚入り/税込み¥396)。
※Amazonや楽天でも購入できるようです。

これは、ジェルネイルのオフに必要なリムーバー、コットン、アルミがひとつになったパックタイプのオフキットです。
普段ネイルサロンでしてもらう施術を再現したアイテム。その使用感はいかに・・・?

まずは爪の表面をネイルファイルで削ります。こうすることで、リムーバーの浸透が良くなるそうです。

パックの中はこのようになっています。
コットンが爪の上にくるように位置を調整し、指を入れて・・・

指にコットンが密着するようにパックの両サイドを折り曲げたら、このまま10~20分置きます。

20分置いた状態がこちら。ジェルが浮いて、ぺりっとはがせるように。指でもはがすことができましたが、ウッドスティックがあると、さらにはがしやすいかもと思いました。

ラインストーンが付いている爪は、1回だとスムーズにはがすことができなかったのですが、アートをしている部分も柔らかくなっているので、再度ネイルファイルで削るとラインストーンも簡単に取れました。その後もう一度パックをしたら、きれいに落とすことができました。

ジェルネイルを落とし、長さを整えた状態がこちら。
この後は、ネイルファイルでこまめに削って爪が折れないように長さ調整をしていく予定です。


ジェルネイル派の皆さん、参考になりましたでしょうか?
ネイリストさんも、ネイルをしてもらう側も、今までどおり安心して手元のおしゃれを楽しめる日がまた来ることを心待ちにしています。

GINGERweb TOPICS班
ナビゲーター
GINGERweb TOPICS班
知っているとお得なモノゴト、働く女子が知っておくべきハウツー、賢く暮らすためのアイデアなど、多忙なアラサー女子の生活に役立つトピックスを楽しく、わかりやすく解説。
このナビゲーターの記事を見る