そろそろ紫外線対策始めようかな…日焼け止めの正しい使い方

ロート製薬の中村です。もうすっかり春ですね!洋服もコスメも新しい春の新作をゲットしたくなる季節です。
これから夏に向けて手に入れたいのが日焼け止め。必要だとはわかっていても、やはり「毎日塗るのは面倒くさい…」、それに「お店にはたくさんの種類の日焼け止めがあってどれがよいのかわからない…」そんな思いを抱えている方も多いのではないでしょうか?
今回は、紫外線と日焼け止めについてのお話です。

やっぱり多い!?「紫外線対策をしなかったことを後悔」している人

紫外線に対する意識調査を行ったところ、「以前、紫外線対策をしなかったことを後悔している」「以前に浴びた紫外線がシミとなって出てきた」のいずれの項目においても自分に当てはまると感じている人が多く、過去の紫外線ケアを後悔していることがわかりました。 

「以前に浴びた紫外線がシミとなって出てきた」という項目に関しては、25歳を越えると「ややあてはまる」「あてはまる」を選んだ方がぐっと増えてきます。紫外線の影響が目に見え始めると途端に焦ってしまいますよね…。

日焼け止めの正しい使い方ポイント4つ

そんな紫外線から肌を守るのが日焼け止め。 その日焼け止めの効果をしっかり引き出す、正しい使い方をご紹介します。 

  ●肌にムラなくのばす 
塗りムラがあると日焼け止め効果が落ちてしまいます。うっかりムラ焼けを避けるためにも、リキッドタイプは少量ずつ手にとってから、肌にムラなくのばしましょう! 

  ●こまめに塗りなおす
海やプール、大量に汗をかく日などは、こまめに塗り直す必要があります。特にスポーツ後に汗をぬぐったあとや海やプールからあがってタオルで拭いたあとなどはお忘れなく。

  ●使用後はキレイに洗い流す
落とす時は、丁寧に洗い流したり、使用した日焼け止めに合わせて必要であればクレンジングなどを使用してきちんと落としましょう。 

 ●肌にあったものを選ぶ
現在では製品改良が進み、日焼け止めも肌トラブルを引き起こしにくい低刺激性タイプが主流となっています。ただし、長時間素肌に直接使用するものですから、自分の肌にあったものを選ぶことが大切。化粧下地にご使用の場合は、白残りしにくい、肌なじみがよいものをおすすめします。

気持ち良さで選ぶなら、ジェルタイプがおすすめ!

毎日使うものだからこそ、気持ちよく使えるものがいいですよね。「スキンアクアスーパーモイスチャージェル」は、まるで水のようなみずみずしさで、つけているのを忘れてしまうくらい気持ちのいい使用感が魅力の日焼け止め。
水のような使用感なのに、SPF50+,PA++++でしっかりUVカット。 ロート初採用の新処方で、しっかりUVカットしながらみずみずしい使用感を実現! 4つのうるおい成分「スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アミノ酸、コラーゲン」を配合。毎日使うものだからこそ、やさしさにこだわっています。 
無香料・無着色・鉱物油フリー・アレルギーテスト済み(*1)。せっけんで落とせます。 顔にも体にも使えるので、化粧下地に使うのも○。手に取りやすい価格で、たっぷり使えます。
*1 すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。 

 健康な肌を守るため、ロート製薬は20年以上も日焼け止めの研究・開発を続けてきました。肌の健康を保つためには、紫外線から肌を守ることがとても大切です。だからといって太陽光や紫外線をただ避けるのではなく、うまく付き合っていくための日焼け止めを作っていきたいと考えています。
製薬会社だからこそ、医薬品やスキンケアなど様々な商品をつくってきた経験を活かして、品質にこだわって日焼け止めを作っています。

日差しがきつくなる前に、紫外線対策始めましょう!

毎日のことだからこそ、紫外線対策もストレスなくやっていきたいですよね。ぜひ、自分の肌に合ったお好みの日焼け止めを選んで、外出を楽しんでくださいね。
私もどうしても面倒くさくなってしまって紫外線対策はさぼりがち。学生時代にガンガン紫外線を浴びていたので、今からでもきちんと対策して、後悔のないように美肌を目指したいです!


ロート製薬株式会社
ナビゲーター
ロート製薬株式会社
ロート製薬は創業117年。目薬を始めとした医薬品やスキンケア商品など、お客様の「美と健康」を支える商品をお届けしています。これからも、世の中を健康にするために、常識の枠を超えてチャレンジし続けていきます。
このナビゲーターの記事を見る