【激変アイメイク】大人可愛く見せたいなら・・・選ぶべき色は?

“なりたい”をイメージしてメイクしても、なぜか上手くいかない・・・そんな読者に、ヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさんがテクニックを伝授!
今回のテーマは、“可愛らしさもありながら今っぽさも欲しい”という大人女子の願望を叶えてくれるメイクです。


今、可愛く見せたいなら・・・ピンクじゃなくてパープルが正解!

吉羽真紀さん(32歳・商社事務)

【メイクの残念ポイント】
□古臭く見える目頭のハイライト
□明るすぎる眉色
□必要以上にキラキラするアイシャドウのラメ

「女性らしい柔らかさもありながら、トレンド感も出せちゃうのが“パープル”。いつもピンクを使うところを、パープルに変えるだけで見違えるはず。眉の色が薄いと目ヂカラもダウン。毛をしっかり立てて、“毛並み感”を意識しましょう」と小田切さん。
可愛い=ピンクの概念は捨て去りましょう!

トレンドのパープルでこなれたモテ顔に!

モーヴシャドウをまぶた全体にのせ、ダサ見えするグラデーションは卒業。 メタリックなモーヴシャドウをまぶた全体にブラシでのせて、アイラインはインサイドに、マスカラも1度塗りでとどめて。目元に抜け感が出て、おしゃれ度がぐんとアップします。

使ったのは・・・

オンブル プルミエール ラック 26 ¥3,900/シャネル
メタリックなモーヴピンクシャドウ。色も質感も今っぽさがアピールできるアイシャドウです。

撮影/[モデル]彦坂栄治(まきうらオフィス)、[静物]久々江満
ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ)
スタイリング/川﨑加織

※プライスは税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る