ブライダルチェック?基礎体温?妊娠するために知っておきたいこと

将来的に妊娠したいという気持ちがあるならば、早くから準備しておいて損はなし! いずれ訪れるそのときにスムーズにいくよう、本当に必要なことを知っておきましょう。産婦人科医・高橋怜奈先生にお話を伺いました。

ブライダルチェックで妊娠できるかわかる?

ブライダルチェックで、“妊娠できるかどうか”について、絶対にわかるとは限りません。絶対にわかると勘違いしている人が多いのですが、妊娠はいろいろな素因があってできるので、ブライダルチェックだけでは判断できません。だから、このチェックだけで安心しないことが重要

ブライダルチェックでは問題なしと診断されたのに、別の機会に子宮卵管造影検査で、卵管から液体が排出されているかを検査したら、卵管が詰まっていたことが判明=不妊がわかったという事例もあります。

「不妊」ってどれくらい妊娠しないこと?

不妊とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているのに、一定期間妊娠しないこと。一定期間の目安は「1年」

現在、国内の不妊カップルは約10組に1組といわれています。その背景には、女性の晩婚化やキャリア志向などにより、結婚や妊娠を考える年齢が上がっていることが関係しています。女性のみならず、男性も加齢などにより、妊娠しづらくなっている現実も知っておきましょう。

妊活予定がなくても、基礎体温をつけるべき?

すぐ妊娠を望まず、毎月生理があり、しかも、基礎体温グラフをつけるのが面倒なら、しなくてもOK

というのも、毎月生理があれば、排卵しているケースが多いため。もちろん、つけていれば、グラフの形によって、排卵しているか、黄体機能不全や希発月経か否かなどはわかります。婦人科に基礎体温表を持参する場合、2~3ヵ月分あるとよいでしょう。

いつか産みたい人へ。これだけは守ってほしいこと

まずは、エビデンスのあることを実践すること。サプリや温活などを重視する人が多いですが、直接的に妊娠の確率をアップさせるとはいえません。血流を良くすることは大切なので、運動をしっかりする、バランスの良い食生活を送る、睡眠をよくとるなど、エビデンスに基づいた最低限のことは実践しましょう。

「不妊が治る」「ホルモンバランスの乱れが整う」などと謳い、高額な料金を請求するような施術には注意して。さらに、以下の4つのことを心がけましょう。

①子宮まわりの病気を治しておく
妊娠・出産に影響するので、2年に1回の検診で早期発見、そして治療を。子宮筋腫の場合、筋腫を小さくする治療、手術、さらに治療と、1年近くは妊活ができなくなることも。独身、妊活前に対処して。

②ピルを賢く活用する
ピルは排卵トラブルや子宮内膜症の症状を軽減し、妊娠の可能性をアップ。だから、今すぐ妊娠を望まなくても、飲んでおいて。ピルを飲んでいた人は、飲んでいない人よりも妊娠しやすいことが証明済み。

③自分の“正常”を知っておく
異常を見つけるには日頃の観察、正常の状況を知っておくことが大切。まさに「正常を知って、異常を知る」ということ。気になることはノートやスマホに記録しておくと、異常などの変化に気づきやすいです。

④ワクチン接種を考える
子宮頸がんのワクチンは現在、国内では強制ではないものの、予防効果が高いことが実証されています。45歳までは一定の効果が期待できるので、まだ接種していない人はぜひ、この機会に検討しましょう。

妊娠について、まだ現実的には考えられないけどいつかは・・・と思っている人も多いはず。最低限の準備をしておき、その「いつか」が目の前に来たときに役立てましょう。

監修/産婦人科医・高橋怜奈先生
東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍。2016年6月にボクシングのプロテストに合格し、世界初の女医ボクサーに。女性医師が数多く所属する「女医+(じょいぷらす)」の一員として、健康の啓蒙活動なども行う。

イラスト/上坂じゅりこ

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る