【分析チェック】食べる時間割りによって太り方が変わる! あなたの食のパターンはどれ?

忙しく働くGINGER世代なら、それぞれの仕事のリズムなどに合わせて培われた食のパターンがあるはず。朝ごはんを食べないタイプ、少量を多めの回数に分けて食べるタイプ、夜一食で乗り切るタイプなど。でも、実はその食べるスタイルが太り方に影響しているであろうことをご存知でしょうか。なかなか痩せないあの部分が育つ理由は、あなたのその食べるタイミングのせいなのかもしれません。
わずか9年で4000人の体型改善&ダイエットを成功に導いた、プロポーション研究家 蓮水 カノンさんから、あなたの太りかたの原因を学んで、さっそく対策を練りましょう。

(文章は『12時前にランチを食べれば太らない。』より抜粋して転載)

太り方によって、食べる時間割が違う!

From Getty Image

これまでとり続けてきた女性の体型と食事のデータを分析した私は、女性の太り方を「全身ぽっちゃり」「お腹ぽっこり」「足ぽっちゃり」「上半身ぽっちゃり」の4つに分類できることがわかりました。それぞれこんな特徴があるんです。みなさんはどのタイプでしょうか? 

【チェック】あなたは何タイプ?

From Getty Image

1 全身ぽっちゃりタイプ
上半身、お腹、お尻、足、顔、背中、腕、指の関節まで、ぽちゃぽちゃとまんべんなくお肉がついて太ってしまう人がいます。このタイプの人は体重に関係なく、一日に食べ物を食べる回数がとにかく多いのです。
朝食を食べ、朝のおやつを食べ、ランチを食べ、3時のおやつに、5時のおやつに、夕食を食べて、寝る前やお風呂のあとにもおやつを食べます。
₆₅㎏ぐらいまでの体重の人は、朝・昼・夜の3食におやつが1~2回ですが、₇₅㎏、₈₅㎏となってくると、朝食1回目、2回目、昼食1回目、2回目、夕食1回目といった具合に、食事の回数が増えています。
ごはんにしろ、おやつにしろ、たいてい2時間おきに食べ物を口に入れて、全身がぽちゃぽちゃとしているのがこのタイプの特徴です。

2 お腹ぽっこりタイプ
お腹ぽっこりタイプは、一回の食事でしっかりお腹いっぱい食べたい人です。お昼は麺類や丼ものを食べがちで炭水化物でお腹をいっぱいにするのが大好き。そして、お腹いっぱいになったのに食後すぐに甘いものを食べたくなるのも特徴です。

From Getty Image

3 足ぽっちゃりタイプ
上半身より下半身のサイズが大きくなってしまうのが、足ぽっちゃりタイプ。朝食を食べない人が、とにかく圧倒的に多いです。また、朝はそれほど間食しないのですが、3時のおやつ、5時のおやつ、夕食をしっかり食べます。夕食はお酒を飲み長時間食べ続ける場合も。そして、
夕食のあとにおやつを食べます。
とにかく、一日の終わりである夜にきちんと食べないと、その日一日が終わらない! とばかりに夕方以降に食べることが集中しています。
この足ぽっちゃりタイプは、バストが小さくて痩せている日本人女性にとても多いです。

4 上半身ぽっちゃりタイプ
日本人女性では少数派ですが、このタイプの人の食事の時間割は朝に集中しています。

たいていの人が、朝は早起きで寝起きがよく、朝食はしっかり食べています。下半身ぽっちゃりタイプの人が夕食でしっかり食べるような定食メニューや、ハンバーグといったボリューミーな食事を朝にペロリと食べます。
そして、朝のおやつを1回だけではなく、2回食べ、昼食を食べ、2時ごろにおやつを食べます。しかし、このあとぴたっと食欲が止まるのです。夕食は食べなくても平気という人もいます
午後3時、5時、寝る前のおやつは、まず食べません。 しかし、午前中から午後2時までの間に5回くらい、食事やおやつを食べている人がほとんどです。

毎日そういったリズムで食べている人は、バストが大きいだけでなく、肩や腕まわりにぽちゃぽちゃと脂肪がついていて、半そでが着られないとか、バストが大きすぎて太って見える、足は細いのに顔周辺が太っていて体重以上に太って見えるなど、損な太り方で悩んでいる人が多いのです。

日本人女性ではかなり珍しいタイプですが、上半身ぽっちゃりのなかでも、足は細く、バストがFカップ、Gカップ、Hカップと極端に大きい人も確実にいます。

さて、あなたはどの太り方タイプだったでしょうか?

食べる時間が変われば、太り方も…

From Getty Image

私はもともと下半身太りで朝が弱く、2のお腹ぽっこりや3の足ぽっちゃりタイプでした。ですので、食事リサーチで体型別に見比べたとき、自分にとって当たり前だった食事の時間が、他のタイプ、とくに上半身太りの人たちと真逆だったことに衝撃を受けました。
だとしたら、食べる時間割を変えることができれば、太る場所も変えられるのではないか、と考えたのです。子どものころから上半身ガリガリで、太るときは下っ腹と太ももからという下半身太りの私でも、上半身ぽっちゃりタイプの人の食生活を真似したら、下半身すっきり&バストアップするのではないだろうか? と思ったんです。
そこで食事リサーチの結果を踏まえて、時間帯と太りやすいパーツの関係を「朝がバスト」「昼がウエスト」「夜が下半身」というふうに仮説を立て、上半身ぽっちゃりタイプの人たちの食生活をしてみたら、なんと10㎝もバストが大きくなりました。時間帯と、太りやすいパーツの関係を知ったことで食事のリズムを改善できたという人も多いです。

文/蓮水カノン


蓮水カノン
ナビゲーター
蓮水カノン
1970年6月生まれ。「体重」だけでなく「体型」を整えることを重視しているプロポーション研究家。 運動生理学、解剖学、心理学などを学び、青山に直営サロン「キレイファクトリー」をオープン。わずか9年で4000人の体型改善&ダイエットを成功に導いている。著書に、『朝7秒 メジャーで測るだけ! 腹ペタ☆ダイエット』『夜寝る前 なでるだけ☆ダイエット』『美トイレ毒出しダイエット』『わかった! こうして食べれば太らない』(すべてKADOKAWA)などがある。
このナビゲーターの記事を見る