秋のヘアチェンジ!“ちょいレイヤー”で劇的に今っぽくなる!

ファッションでは、フェミニン、レトロ、ヴィンテージ……といったキーワードが躍るこの秋。ヘアで目指すべき“旬の秋スタイル”とは? その正解は、作り込みすぎないラフなヘアスタイルなのです。そこで取り入れたいのが、自然な毛の動きを生む“ちょいレイヤー”と“ゆるパーマ”。このふたつを上手く取り入れれば、狙いどおりの今っぽさやこなれ感が一気に手に入ります。GINGER読者のヘアチェンジを参考に、“いつもの髪”から変わりませんか? 今回のヘアチェンジを担当してくれたのは、表参道にある人気サロンSui代表の冬木慎一さんです。

後頭部の“ちょいレイヤー”で“かき上げ”が決まる!

梶谷友里さん(商社勤務・26歳)は、最近は鎖骨くらいの“切りっぱなしボブ”が定番でした。「大好きなカジュアルな服と明るめのヘアカラーのせいか、子どもっぽく見られがちなのが悩みです。Tシャツ&デニムの着こなしを上品にカッコよく見せられるヘアスタイルにしたい!」という彼女が、冬木さんのカットで前下がりシルエットのショートボブに大変身。後頭部に“ちょいレイヤー”を入れることで、前髪をかき上げたときに自然な毛流れが。寒色系のヘアカラーとツヤっぽい質感できれいめな印象に仕上がりました!

カジュアルスタイルを格上げする潔い“前下がりショート”

白T&デニムなどシンプルなカジュアルスタイルはもちろん、きれいめなジャケットスタイルとも相性抜群のショートボブ。スタイリングのポイントは、ジェルワックスでウェットな質感に仕上げること。“こなれ感”がアップして、よりおしゃれに見えますよ!

髪質や顔型を選ばずトライできるヘアスタイルなので、“いつものボブ”に飽きた人、この秋ぜひチャレンジしてみて!

ヘアサロンSui
http://sui-beauty.net/

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る