【付録の域を超えた!】小顔になる、輪郭補整ブラシby小田切ヒロ

発売中のGINGER8月号の特別付録は、人気ヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさん監修による「輪郭補整ブラシ」! マッサージ、ベースメイク、洗顔などに使えるマルチブラシです。小田切流メソッドにならって使用すれば輪郭が驚くほどキュッと引き締まり、今すぐ立体小顔に。手に入れないわけにはいきません!!

マッサージ、ベースメイク、洗顔に使える!

「頭皮の血行不良、ベースメイクの厚塗り、角質の蓄積・・・これらはすべて顔が大きく見えている原因です。「輪郭補整ブラシ」を使い、マッサージ、ベースメイク、洗顔を正しく行えば、小顔効果だけでなく、肌のくすみや透明感、血色感のアップも期待できますよ」(小田切さん)。

【Point①】むくみ解消マッサージで小顔!

頭のてっぺんにある ツボ・百会をほぐす。

メイク前の頭皮マッサージに。ブラシの枝の先端を刺激したい部分に固定し、押しながら円を描くように動かします。百会→両耳周りを左右行えば、朝の顔のむくみもすっきり。

【Point②】薄付きベースメイクで小顔!

カーブが 小鼻周りに フィット!

ファンデーションはのばすのではなく肌に叩き込んで塗るのがポイント。
ほどよい硬さのナイロン毛と肌の凹凸にフィットするカーブを使い、狙ったところにピンポイントにのせて。

【Point③】ブラシ洗顔で角質オフして小顔!

肌の上で マッサージする ように泡立てる。

ブラシを使った洗顔は、肌に優しく角質をオフするだけでなく、肌へのマッサージ効果もあり血行促進につながります。透明感のあるキュッと引き締まった肌を手に入れて!

いかがでしたか? 「骨格補整ブラシ」を取り入れるだけで、誰でも小顔に近づけます。今すぐ、書店&オンラインで8月号をゲットして!

撮影/[モデル]彦坂栄治(まきうらオフィス)、[静物]久々江満 
ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ) 
スタイリング/城長さくら 
モデル/上西星来

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る