【まつ育アカデミー開校!】その1GINGER世代のまつ毛事情、どうなってる?

目元の悩みはいつだってGINGER世代には重要なテーマ。お肌の曲がり角を迎え、エイジングケアに余念がない年頃です。ついアイケアばかりに目が行ってしまいますが、実はまつ毛も、年齢とともにハリ・コシがなくなったり、ボリューム不足を感じ始めるタイミング。

そこで、見落としがちな“まつ毛の育毛=まつ育”について3回に渡ってお届け。第1回目は、GINGER世代のまつ毛事情を探ります!

オトナ女子の目元はストレスだらけ!?  

From Getty Image

目元に関するこんなお悩みありませんか? 
 「朝、しっかりとまつ毛をカールしても午後にはダレてきてしまう」(31歳・会社員)、「まつ毛エクステを2~3年続けてきたせいか、地まつ毛が痩せてきたように感じる」(30歳・販売員)、「20代前半のころと違い、抜けやすくなった気が……」(29歳・会社員)「まぶたがはれぼったく感じる」(33歳・営業)。

これはGINGER読者から実際に寄せられた声。 年齢とともに分け目がぺしゃんとなったり、抜け毛が増えるように、まつ毛も髪の毛と同様、老化します。エクステやつけまつ毛、ティーンの頃から続けてきた“盛りメイク”でまつ毛に過剰な負担をかけてきた結果、衰えるスピードが早まっているというウワサも。
 自分も心当たりがある……という人は、“オトナのための”まつ毛ケアを始めるタイミングかもしれません。

30歳からは地まつ毛で勝負したい!

From Getty Image

そこでまつ毛ケアへの意識を調べるべく、20代~30代の女性83名に「まつ毛美容液に求めること」を聞いてみました。単純に「ふさふさ&バサバサなまつ毛にしたい」と願っていた20代から、アラサー世代ともなると、「根元から濃く見える濃密まつ毛を目指したい」「カールを持続させたい」「ピンっとしたハリがほしい」「ツヤを取り戻したい」と、まつ毛に求める理想も多様化していることが判明。

流行を追って着飾るよりも、自分らしいおしゃれを楽しみはじめたGINGER世代だからこそ、まつ毛も盛るのではなく素の美しさを重要視しているよう。そのためにも、ナチュラルなメイクでも目の印象が強まる、健やかな地まつ毛の育成が課題となりそうです。

GINGER世代は、崖っぷち

From Getty Image

そして、GINGER世代の声を証明するかのようなリアルな数値も。96名の女性を対象に「まつ毛測定調査」を実施したところ、30歳以上になるとまつ毛の長さもボリュームも目に見えて減少傾向……。“若者女子”である20代の平均は5.18mmであったのに対し、“オトナ女子”である40代の平均は4.89mm。まつ毛のボリュームを調べた結果でも、“若者女子”42.3ptに対し、オトナ女子は41.5pt。その間である30代を調べたところ、まつ毛のエイジングを自覚しはじめるのは平均「36歳」という結果に。

この年齢をまだまだ先ととらえるか、すぐそこ!と焦りを感じてケアに着手するかはあなた次第。

source

オトナのためのまつ毛美容液でケアを

健康なまつ毛を保つためには日々のケアが大切。わかっていても仕事や恋愛、趣味など忙しい毎日を過ごしている私たちには時間がない! そこでおすすめしたいのが、オトナ女子のために開発された「スカルプDのオトナまつ毛美容液」。

GINGER本誌でもたびたび紹介してきた、大ヒットまつ毛美容液の進化バージョン。 まつ毛のヘアサイクルに着目した美容成分を2倍量配合し、根元からイキイキとした元気なまつ毛に導きます。さらに、たるみやシワが気になる目元の皮膚もケアして目力強化をバックアップ。ケア成分はたっぷりでも優しい処方はそのままで、しみたりせず安心して使えるのも嬉しい限り。1日1回、お風呂上がりのスキンケア前に塗るだけのお手軽さもオトナ女子にぴったりです。
 14年の毛髪研究から生まれたスカルプDだからこそ、その実力はお墨付き。“まつ毛の曲がり角”を迎える前に、まつ毛美容液でケアをはじめませんか。 

 スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ プレミアム ¥3,460(税込み)/アンファー



アンファー株式会社
ナビゲーター
アンファー株式会社
アンファー株式会社は、1987年に会社設立。「予防医学」をタグラインに掲げ、“「いつまでも美しく、健やかに生きる」というエイジングケア・ライフスタイルの実現を目指す”トータルヘルスケア・カンパニーです。多くの医師や臨床機関・研究機関との密接なリレーションを構築しながら、「スカルプD」シリーズをはじめ、化粧品、食品等、様々なエイジングケア商品・サービスの企画・研究開発および販売を行っております。2019年4月10日より、“Dクリニックグループ”※に参画しました。※Dクリニックグループは、「医学」を背景として、共通の目的と理念を実現するために、企業、クリニック、NPO法人団体等により発足したグループです。
このナビゲーターの記事を見る