気温差と乾燥が加速する今、全身の中で最も薄い皮膚=唇が危ない!

日中はお気に入りのリップカラー塗っているため、“素の唇”の状態を把握していない人も多いはず。角質層が薄く、皮脂腺や汗線もない唇は、潤いを保ちにくく、水分が不足しやすいパーツ。だから空気の乾燥にとても影響を受けやすく、湿度も低く、暖房で室内もカラカラのこの時期は、かなり過酷な環境。さらに風邪をひいて鼻が詰まって口呼吸を続けると、唇に空気が常に触れて乾燥しやすくなることも。粘膜と皮膚の境界の「唇」は、冬こそ入念なお手入れが必要です! 

まずは週2回の“素唇”の「角質磨き」」と入念な「潤い補給」

潤い効果のある口紅が数多く登場していますが、まずは余分な角質を払ってフレッシュな状態に整えておくことが美唇の第一歩。左のマック リップスクラブシャス全5種 各¥2,000は、シュガーベースのスクラブが唇上でなじみ、余分な角質を絡めとり、配合の保湿成分 シア脂がしっとり唇に導きます。キャンディード ネクター、フルーツ オブ パッション、スウィートバニラなどのフレーバーでケアタイムも楽しくなるはず。そして唇の集中ケアにおすすめなのが、右のベキュアのハニーエッセンスパック 8枚入り ¥3,000。ハチミツエキスやロイヤルゼリーエキスなど、潤い効果が期待できる贅沢な成分がシートに含まれていて、明日、唇をプルプルにしたい!という緊急ケアにも応えてくれます。

口紅を塗る前に唇美容液をひと塗りで、ぷっくら肉感的な“さとみリップ”に

唇のボリュームが物足りない、血色が悪い…といった悩みを解決するには、口紅を塗る前に濃厚な唇専用美容液をひと塗りして、唇表面の凹凸をなくすだけでなく、内側にもしっかり栄養を届けることを忘れずに。左のイヴ・サンローラン・ボーテ トップ シークレット リップ パーフェクター ¥4,200は、リップバーム、リップスクラブ、リップクリーム、3つの機能を搭載。右のヘレナ ルビンスタイン CN リブランプリップ ¥5,400は、瞬時に唇をバンプアップして立体感を約束し、美しい輪郭が期待できます。ただしどちらもなじませた後、1〜2分置いてから口紅を重ねること。これでよりきれいな口元に仕上がります。

オフの日の「すっぴん唇」は血色感を38度で演出

「結果を出すアイテム」を念頭に置き、新視点から数多くのオリジナリティあふれる商品を発売しているフローフシ。目元の達人、肌のマイスターの次にこの夏、誕生させたLIP38℃ リップトリートメント±0℃ SPF20・PA++ 1,600は、発売以来店頭から欠品状態が続いた幻の唇ケアアイテム。なかでも±0℃は、白パールのレフ版効果で唇と肌に透明感を与えながら、くすみも飛ばし、レタッチも美肌アプリも必要ないと評判! 休日、唇に休息を与えたい、でも美唇は忘れたくない人におすすめです。

デリケートな唇だからこそ、ていねいなケアは必須! 素の唇に“透明感”と“赤み”を取り戻し、潤いとツヤに満ちたふっくらリップを育んで、年末のイベントにも万全の体制で挑みましょう♡

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る