#プレ花嫁 必見!式場に合わせた、清楚なクラシカルスタイル

著名人のウエディングも数多く手掛け、日本中のプレ花嫁たちから熱い支持を得ているヘア&メイクアップサロン faccie。代表の二法田サトシ氏を筆頭に、数多くの花嫁たちの理想を叶えながら、最先端を行くヘア&メイクを提案しています。  

今回はfaccieの分山雅子さんが提案する、  モダンクラシカルな花嫁をご紹介します。  

式場の雰囲気に合わせたモダンクラシカルスタイル

落ち着いた空間の中に華やかさを感じる空間での、おもてなしのひと時を過ごしてもらいたい。ゲストの笑顔を思い浮かべ、こだわって決めた場所で挙げられた、素敵なお二人のウエディングパーティーをご紹介します。

レースとシルクの重なり合うデザインが印象的なウエディングドレス。きらめくカチューチャに、フィンガーウェーブ風のヘアスタイルが、モダンでクラシックな印象を際立たせます。

ヘアメイクはあまり重くならないように、前髪の透け感や、オレンジのアイシャドウで自然な陰影を作りました。花嫁の雰囲気や花婿と並んだ際のバランスを大切にして、お仕度を進めていきます。

会場に合わせて選んだアイテムは、デザインはもちろん素材にもこだわって選ばれたものばかり。このアイテムたちをより引き立たせるヘア&メイクを考えました。

完成後、挙式スタイルでロケーション撮影へ。クラシカルな建物の雰囲気と、花嫁のスタイリングがとても良くお似合いです。

どこを切り取っても素敵な場所ですよね。大切な一日を新郎新婦も家族もゲストにも、楽しんでもらえる空間でした。

挙式は大好きなゲストに見守られながら、ふたりの育んできた年月、家族やゲストと共に歩んできた年月を思い起こし、祝福のセレモニーを行いました。

披露宴ではべールを外し、リップの色味は赤味ブラウンに。お時間が限られているので、リップでクイックチェンジしました。扉が開くと幸せに満ち溢れた空間が広がり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

お色直しは艶っぽい赤で攻める

鮮やかな赤のドレスに、ヴィンテージ感のあるネックレスとイヤリングが目を惹きます。花婿はエンジのタイにストールを合わせられ、とても素敵なリンクコーデでした。

今っぽさもあるクラシックなスタイルなので、少しボリュームのあるポニーテールに。エクステで毛量を足しました。全体のスタイルをシンプルにする分、印象的なヘアのシルエットでバランスをとっています。
メイクは艶っぽく仕上げ、チークとリップは赤系で合わせました。

お洒落なお二人のウエディングは、とても華やかで素敵でした。お二人の幸せを心から願っています!

★今回のワンアイテム紹介★  

自然な陰影を作るなら・・・スックのトーン タッチ アイズ 11

トーン タッチ アイズ 11 橙陽 ¥3,700/スック

ヘルシーな陰影を演出してくれるオレンジアイシャドウ。カラーメイクに挑戦してみたい時や、目元に深みと明るい印象を取り入れたい時にオススメのカラーです。

文/分山雅子

※プライスは税抜です。

分山雅子/ヘア&メイクアップアーティスト
ナビゲーター
分山雅子/ヘア&メイクアップアーティスト
1985年生まれ。2005年~ブライダルを中心としたヘアメイクのキャリアをスタート。ブライダルサロンの立ち上げにリーダーとして従事。その傍ら、美容学校などでのヘアメイク講師、wedding雑誌、カタログ等各種メディア撮影のヘアメイクを担当。 2015年~二法田サトシのアシスタントを経てfaccieに所属。2017年~wedding、雑誌、広告のヘアメイクを中心にキャリアを再開する。 透明感のあるなめらかな肌作り、繊細な陰影で創るmake-upを得意とする。Weddingでは現在までに800組以上のヘアメイクを担当。
このナビゲーターの記事を見る