急増中の「女性のAGA」って!?セルフチェックで薄毛の可能性診断【女性の薄毛問題】

薄毛は男性だけのものと思っていませんか?実は今、ストレスや生活習慣病などで、薄毛に悩むアラサー女性が増えています!事実、昨年のヘアケア製品では、女性用の薄毛対策アイテムの売り上げが急増。美容室で受ける相談も、薄毛に関する悩みが多く聞かれるようになったと言われています。

「自分は関係ない」なんて思っている人も、実は知らないうちに薄毛の症状が進んでいる・・・なんてことも!?  そんな女性の薄毛は、早めに治療すれば短時間で改善する可能性が高いと言われています。

そこで今回は、女性の薄毛とその対策について、AGAスキンクリニックのドクター・西垣匠先生に詳しいお話を伺ってみました。

実は女性にもあった!「AGA」の症状とは?

CMなどですっかりなじみの言葉となった「AGA」。
正確にはAndrogenetic Alopeciaの略語で、「男性型脱毛症」を意味します。その名の通り、男性の薄毛を指し、生え際や頭頂部の一方、さらには双方から薄毛が進行。早い人では、思春期以降からこの症状が見られます。

これに対し、女性はFemaleの頭文字を取って「FAGA」(=女性男性型脱毛症)と言われます。ただ、「女性型AGA」と言う方が一般的。では、女性の薄毛の場合はどのような特徴があるのでしょうか。

心当たりある?実は、これぐらいの変化でも女性型AGAだった!

以前より抜け毛が増えたり、髪が細くなってボリュームも出しにくくなった。そんな人は要注意。少しぐらいの髪変化なら大丈夫と思っている人も多いようですが、実はこれらも女性型AGAのサイン。女性は男性のように広い範囲で薄毛にならず、頭頂部の毛量が少しずつ減るなど、症状が緩やかな人が多いため、気づかないうちに進行しているパターンも。写真のように、トップの分け目が以前よりも広がっていると感じたら、薄毛対策が必要です。

提供:AGAスキンクリニック  


あなたは大丈夫?まずは、自分の髪の状態をセルフチェック!

トップの分け目だけでなく、髪質の変化や日常生活の送り方によっては、潜在的に薄毛が進行している可能性も!
まずは下記のセルフチェックで、自分の現状の髪の状態をきちんと確認してみましょう。

提供:AGAスキンクリニック  


どうして薄毛になるの?メカニズムや原因とは?

女性型AGAの特徴や見分け方についてご紹介しましたが、そもそも薄毛になるメカニズムがよく分からない! そこで、AGAスキンクリニックのドクター・西垣匠先生に詳しいお話を伺いました。

女性特有の脱毛症とは?

女性型AGAの相談で一番多い症状が、「びまん性脱毛症」。「びまん」とは「一面に広がる」という意味で、トップから徐々に薄毛が全体に広がり、やがて頭皮全体が薄くなります。男性のように部分的な脱毛が進むのではなく、しかも頭頂部から進行するため、気付きにくいという難点が。

なかなか自分では見ることのできない部分なので、日頃から合わせ鏡などでチェックをするのがベスト。トップの分け目が以前よりもはっきりして、頭皮が見える面積も広がったと思ったら要注意です。

薄毛のメカニズム

髪には1本1本寿命があり、伸びる(成長期)→抜ける(進行期)→生える(休止期)をくり返して、これをヘアサイクルと言います。ヘアサイクルは3〜6年周期と言われていて、周期が長いほど髪は健康な状態。

しかし、成長期にさまざまな原因が起こることで、髪を作り出す毛包が十分成長できず、髪が細くなったり抜けてしまい、その結果薄毛となってしまうのです。

<健康なヘアサイクル>
・長くて固い髪の毛が抜ける。
・1日100本くらい前後が抜ける。

提供:AGAスキンクリニック  

<乱れたヘアサイクル>
・短くて柔らかい髪の毛が抜ける。
・抜ける本数が目立って多い。

提供:AGAスキンクリニック  


薄毛の原因とは?

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスが大きく関係していると言われています。ただ、薄毛の原因は1つではありません。加齢による老化現象、生活習慣の乱れ、妊娠や出産など、さまざまな原因が挙げられます。

そして近年では女性の社会進出により、ストレスを抱える機会も増えています。さらにSNSの影響で人間関係も多様化。私たちは常にストレスと向き合って生活するのが当たり前となっています。そのため、20代半ば~40代の女性の患者が急増しているというデータも。

このような状況を放置することで、薄毛はより深刻化することに。そのためには、悩みを理解し、適切な治療法を定案してくれる女性向けの薄毛治療を行う病院や専門クリニックに通うのがおすすめです。

●薄毛の原因まとめ
・老化
・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・頭皮トラブル
・生活習慣の乱れ
・妊娠と出産
・過度のダイエット


薄毛のウワサ、ウソ?ホント?

巷でウワサになっている薄毛の情報。実は、まったく根拠のないものも多数! そこで代表的な髪に関するウワサの真偽を確かめてみましょう。

Q1:頭皮をマッサージすると、髪は生えてくる?

A1:ウソ!

マッサージには頭皮の血行を良くしたり、リラックス効果はあるのですが、その効果は一時的。育毛環境を整えるには良いことですが、しかしあくまでやった方が良い程度で、太くてハリのある毛が生えるほどではありません。
ちなみに、マッサージと称してへアブラシで頭皮を叩くのはむしろ逆効果。頭皮を傷つけたり、毛根にストレスを与える可能性大! マッサージには専用のブラシなどを使い、過度な刺激を与えるのは避けましょう。


Q2:ポニーテールを頻繁にすると薄毛になりやすい?

A2:ホント!

同じ位置で髪を結ぶことで生え際の血流が滞ってしまい、その結果、抜け毛が増えたり、結んでいる部分の髪が弱ってしまうことも。これを牽引(けんいん)性脱毛症と言います。
職業柄、髪を結ばなくてはならない人は、結ぶ位置をずらしてみたり、終業後にはすぐに髪を下ろすことをおすすめします。


Q3:ワカメを食べれば髪が増える⁉

Q3:ウソ!

ワカメにはミネラルが豊富なため、健康な髪を育てるには良い食材です。しかしながら、発毛効果に関して言えば、医学的根拠はまったくありません。
栄養バランスの整った、規則正しい食生活の方が、健康な髪には良いとされています。


Q4:お風呂上りの自然乾燥が髪を傷めにくい?

A4:ウソ!

体や顔を洗ったあと、必ず拭きますよね。そのまま放置していると、蒸発する時に肌の水分が奪われて、肌を乾燥させてしまう原因に。
頭皮も同じことで、自然乾燥ではなく、ドライヤーで乾かした方が頭皮や髪を傷めません。タオルドライで髪をやさしく拭き取ったあと、根元から温風を当ててしっかりと乾かしましょう。

Q5:ダイエットは薄毛の原因になる?

A5:ホント!

過度なダイエットをすることで、髪をつくるのに必要な栄養が毛根に届かず、髪が弱くなったり脱毛が進行します。さらに髪の潤いも失われ、肌と同じくカサカサの乾燥状態に。
ダイエット中でもバランスの良い食事は心がけましょう。

Q6:髪の毛は頻繁に洗わない方が良いというのはホント?

Q6:ウソ!

1日過ごした髪や頭皮にはさまざまな汚れやスタイリング剤なども付着しています。これらが毛穴に入り込むことで頭皮にダメージを与え、育毛を妨げてしまいます。なので、毎日のシャンプーは日課にするべき。朝でも夜でも、自分の生活に合った時間に行うのが良いでしょう。
また、一時期流行った湯シャンも毛穴に詰まった皮脂などの脂分が落ちないのでおすすめしません。確実に汚れを取り除くためには、シャンプーがマストです。
ただ、1日に2回3回と過剰に洗いすぎるのも頭皮の脂分が減り、乾燥の原因にもなります。1日1回程度を心がけましょう。

Q7:女性の薄毛は治療で治る?

A7:ホント!

薄毛の原因は男性ホルモンが影響しているので、男性の薄毛よりも女性の方が治る確率が高いと言われています。治療を始めるなら、薄毛治療専門のクリニックがおすすめです。
ウィッグで隠したり、育毛剤を使用する方法もありますが、どちらも一時的な解決法に過ぎません。クリニックなら自分の薄毛レベルを知ることもできますし、根本的治療として自分の毛を生やすことも可能。早い人なら、2ヵ月くらいで効果があらわれるそうなので、気になる人は、まずはカウンセリングから始めてみて。

実際どうすればいいの? 薄毛の治療法とは

明るく開放感のある完全個室の診察室なので、初めての人でもリラックスして診察が受けられます。

近年、薄毛治療専門のクリニックは増加していると言われていますが、具体的な治療法はあまり知られていません。また、通院する頻度や期間も分からないので、足を運ぶのも躊躇(ちゅうちょ)してしまいがち。実際の治療はどのように行われるのか、詳しくご紹介しましょう。

<治療の流れと方法>

①診断

②個人に合った処方(飲み薬&
塗り薬)  

③頭皮注射や育毛シャンプーなど(オプション)  


完治  

まずは血液検査とカウンセリングからスタート。薄毛の進行具合や体調、さらには生活環境などを徹底的にリサーチして、それぞれに合った内服薬や外服薬などの治療法を行います。また、 AGAメソセラピーやミノキジェットなど、特別な治療法を行うことも。金額は治療法によって異なるので、まずは医師にご相談を。

また、原因不明の薄毛も、専門医なら解決の糸口を見つけることが可能です。かつて金属アレルギーの方で、銀歯に含まれる金属への反応で女性型AGAになった女性もいましたが、このような症例も専門クリニックだからこそ解決できた症例です。

普段の生活も大事!髪のためにできること

それでは最後に、クリニックに通院する前に、自分でもできる健康な髪への取り組みについてご紹介しましょう。

睡眠が大事!

体と同じく、健康な髪をつくるためには睡眠をしっかり摂ることが大切。寝ることで成長ホルモンが分泌され、髪の修復や改善を行います。でも、臓器など生きていくために必要な部分の修復から優先され、髪や爪は後回しになります。
そのため、睡眠不足になると髪や爪への栄養補給をまず減らしてしまう仕組みになっているので、寝不足は育毛の最大の敵に! 上質な睡眠を心がけ、夜更かしや徹夜などは避けましょう。

髪に良い食べ物を取る!

育毛の活性化には、バランスの取れた食事も欠かせません。髪が成長するために欠かせない3大栄養素、ビタミンやタンパク質、ミネラル豊富な食事を積極的に摂る習慣をつけると良いでしょう。
ただ、これらを大量に摂っても髪がいきなり生えるわけではなく、「バランスの良い食事」が大切です。また、お酒は適量であれば血行を促す効果があるので◎。タバコは血管を細くさせるのでNGです。

●髪の成長に欠かせない3大栄養素

タンパク質:肉・魚・卵・穀物類

ビタミン:野菜・果物等

亜鉛:貝類・レバー・乳製品等


ストレスと上手に付き合う!

ストレスは髪にとって最大の敵! イヤなことがあったり、ネガティブな気分に陥ったら、その日のうちに発散するように心がけて。また、ストレスの原因となるような物事から極力避ける習慣を身につけるのもひとつの手。

いかがでしたか? 早めの治療で女性型AGAはほぼ治すことが可能と言われています。少しでも気になる人は、早めに診断してみてくださいね。


●今回監修して頂いたのは・・・?

 AGAスキンクリニック新宿駅前院 院長 西垣 匠先生  

●経歴●

2009年3月 大阪医科大学 卒業
2009年4月 順天堂大学附属順天堂医院にて臨床研修開始
2011年4月 同病院麻酔科勤務開始、2012年3月に退職
2013年3月よりAGAスキンクリニックでの勤務を経て、
2018年12月 AGAスキンクリニック新宿駅前院の院長を務める


薄毛治療の専門病院「AGAスキンクリニック」  
https://www.agaskin.net/

取材・文/三輪順子

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る