「朝は洗顔しなくていい」は間違い?本当に効果的なのは…

肌の色や質感は人それぞれですが、全員が目標にしている美肌は、白さよりも透明感のある肌! そんな透明肌を極めるには、それを邪魔する古い角質、乾燥、メラニンにしっかりアプローチするケアを朝のお手入れに組み込むことが重要なんです。
今日からすぐ取り入れられる、春夏スキンケアの絶対ルールをチェックしていきましょう。 

朝クレンジングでクリアな素肌へ

朝の洗顔、ぬるま湯で洗うだけで済ませていませんか? 眠っている間にも、くすみの原因となる古い角質、皮脂は溜まっています。そして、角質や皮脂はぬるま湯では落とせないんです。
朝の気分を上げるクレンジング&洗顔料で、まずはクリアな素肌へ!

1. ブライトニングするクレンジングオイル

吸着成分の備長炭を配合。クレンジングオイルから始まるブライトニングケアが、キメの整った冴え肌を約束。メイク持ちのいい素肌にスタンバイ。

ブランクロマ ライト&ポリッシュ クレンジング オイル 150ml ¥3,700/シュウ ウエムラ

2.潤いなじみのいい肌に導く洗顔フォーム

フワフワの軽い泡で肌を包み込み、朝の汚れを優しく取り除く。潤いを残しながら、洗いあがりはみずみずしい柔肌に。硬くなりがちな肌もほぐれそう。

ベネフィーク ドゥース クレンジングフォーム 130g¥2,500(編集部調べ)/資生堂

3.頑固なくすみにお手軽なパックを

5秒おいてからの10秒マッサージで、パックと洗顔が完了。高保湿成分が乾燥によるくすみをケアし、スクラブが古い角質によるくすみを取り去るWの働きかけ。

オルビスユー ジュレパック 120g¥1,800/オルビス(3月23日発売)

4.ワンプッシュの濃密泡ですっきり

顔色がくすんでイマイチと感じる朝は、濡れていない顔に濃密泡を30秒間オン。首やデコルテまでのばすと、汚れ、むくみも取れてすっきりとした印象に。

VC100ホットウォッシングフォーム 120g ¥1,900/ドクターシーラボ(4月1日発売)

紫外線が強くなり始める今の時季は、角質も厚くなりがち。化粧ノリが悪い、日中くすみやすいと感じているなら、丁寧な朝洗顔がマストです。
透明肌を極める朝の美活習慣、ぜひ取り入れてみてくださいね。

撮影/久々江満

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る