ネイルのプロが推す、春のトレンドカラーをレクチャー

だんだんと日々春めいてきましたね!そろそろファッションに合わせて、手元も春色を取り入れたいと思っている人も多いはず。そこで今回はHands-Onスタッフの気になっているトレンドカラーを聞いてみました。

ダントツで気になる偏向色カラー

この春、ファッションでも注目されているのがオーロラ風の加工ですよね。お洋服で取り入れるには存在感がありすぎて・・・、という方はぜひネイルで取り入れてみてください。写真のように、クリア感があるものでなく、ミルキーなオーロラが気になります!オレンジがかったオーロラ、ブルーがかったオーロラと2色使いするのもオススメです。

2020年の主役カラーはクラシックブルー!

昨年もご紹介した、Pantone社が毎年発表している「カラー・オブ・ザ・イヤー」。2020年は“クラシックブルー”に決定しました。使用したブルーは“クラシックブルー”よりも少し明度も彩度も高い、元気なブルーです。
合わせたカラーは明るめの抹茶色。ただのグレージュを合わせるのではなく、この抹茶色を合わせたのがポイントです。ブルーのバリエーションはこの春夏、引き続き注目していきたいカラーですね。

セージグリーンは品のある手元に

ミントグリーンほど鮮やかさがなく、カーキほどスモーキーでもない・・・それがこのセージグリーン。街のショップウィンドウを覗いても、いろいろなブランドから多く出ている、という印象を受けました。このカラーはカジュアルでありながら、エレガントさも併せ持つ魅力的なカラーです。さりげなくトレンドを取り入れたい人にオススメです。

マリーゴールド×ピンクのペアリング

見ているだけで楽しい気分になれる、マリーゴールド×ピンクのペアリング。ピンクはシアー感があり、パープルがかったベリーピンクが気分です。今シーズンの小物からインスパイアされました。カジュアルやリゾートファッションではなく、あえてモノトーンのファッションに合わせるとハンサムな手元になれますよ。

Hands-On 小森絵津子/ネイリスト
ナビゲーター
Hands-On 小森絵津子/ネイリスト
東京の南青山にある落ち着いた空間のネイルサロン「Hand-on」のマニキュアリスト。ジェル、シェラック、マニキュア、ハンドケア、フットケア、エステなどケアの施術に重点をおき、お客様ひとりひとりにあったサービスをご提供します。表参道店の他に、浜田山店、エステのLounge店(浜田山)もあり。
このナビゲーターの記事を見る