小田切ヒロ流 “盛りすぎ”は時代遅れ。おしゃれ見えなアイメイクとは?

「目が小さいこと」で悩むがゆえ、不自然な“盛りメイク”をしてしまっている読者に、ヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさんが渇! 今回変身するのは、「不安定な二重のラインがイヤ・・・・・・」という松下未翔さん(30歳・営業)。ポイントはなんと、“目元のグラデーション”でした!

【残念なポイント】まつエク×太アイラインは重すぎ!

まつエクのボリューム感と黒の太いアイラインで目元が重たすぎ。たしかにデカ目効果は絶大かもしれないけど、一歩間違えれば時代遅れのギャルメイクにも見えますね(小田切さん)」。この間違った盛りメイク、どうすれば改善できる?

【ここをチェンジ】グラデーションでまつ毛とまぶたのつなぎ目を自然に!

チャコールグレーのペンシルアイライナーで二重幅に自然なグラデーションを作れば、まつ毛とまぶたのバランスも自然に。不安定な二重幅もカモフラージュできます。アイライナーはリキッドタイプではなく、ぼかしやすいペンシルタイプを選ぶのもポイントです(小田切さん)」。

使用したのは、アディクションのアイライナー ペンシル ラビットホール
¥2,500(アディクション ビューティ)。
滑らかにラインが描け、ぼかしやすいペンシルタイプのアイライナーです。黒に近いダークチョコレートブラウンの色味も絶妙で、小田切さんもイチ押し。

いかがでしたか?
ふさふさのまつエクに太いアイライナー・・・・・・盛りすぎメイクをしがちな人は、ぜひ明日からトライ!  自然に見せる方が、断然イマっぽいですよ。

撮影/[モデル]押尾健太郎、[静物]さとうしんすけ
ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ)


GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る