日本人女性の乳がん発症率は11人に1人。今こそきちんと知識を高めよう!

現在、日本人女性の乳がん発症率は11人に1人(*1)と言われています。そして30~64歳の女性のがんによる死亡原因No.1が乳がんだそう(*2)。ただ早期発見、そして正しい知識を持つことで決して恐れることはない…というのも事実。25年前から「ピンクリボン〈乳がん知識啓発〉キャンペーン」を続けているエスティ ローダー グループ。10月はそのなかでも強化月間とされ、各地でさまざまなイベントを実施し、女性が乳がんについて考える機会を促しています。乳がん研究の第一人者でありピンクリボン活動に熱心な大野真司先生に、アラサー女性が気を付けること、知っておくべきことを伺いました。

ライフスタイルの変化で日本人女性の乳がん患者数は増えています

「2000年には30人に1人だった日本人女性の乳がん患者数が、現在では11人に1人にまでなっています。欧米人の場合、7,8人に1人。以前は人種によるところが大きいと考えられていましたが、日系三世も欧米人と同じ発症率という結果から見ると、ライフスタイルが大きく関与すると考えられるようになっています」と、がん研究会有明病院 院長補佐・乳腺センター長の大野真司先生はおっしゃいます。

「乳がんを発見するのは突然のように思われますが、数日で大きくなるのではなく、毎日の、細胞に傷をつける積み重ねによるもの。女性ホルモンが乳腺に少しづつ刺激を与え続けることで、乳がんに至る…と考えてください。初潮から閉経まで期間は人それぞれですが、長ければ長いほど発症する可能性は高いともいえます。もちろん閉経後も、女性ホルモンは脂肪から作られることもわかっており、肥満がリスクを高める要因にも。ただ決して怖がらないでください。きちんとした知識と予防をしていれば大丈夫なのです。病気になっているのを知りたくないから検診を受けない…という声もあると聞きますが、それはナンセンス!」

勇気をもって「自分で自分を守りましょう!」

ではどういったことを日ごろから行っておけばいいのでしょうか。「乳がんを見つけることを目的とした定期的な“検診”を受けることが何より大切。“健診”は“健やかな体”を維持するためですが、“検診”はがんの早期発見を目指したものです。自治体によって異なる場合がありますが、40歳以上の女性は2年に一度のマンモグラフィ検診推奨が多いようです。家族に乳がんにかかったことがあるなどリスクの高い人は1年に1回は乳腺専門クリニックでの診察が理想です。」

次に毎月、日にちを決めて自己触診も心掛けること。
「リスク軽減ということも含め、自分できちんと確認することも忘れずに。月経の後1週間前後がベストかと。「手を上げて・下げて」「仰向けになって」「横向きになって」…と丁寧にさまざまな体位になって乳房に触れて、しこりがあるかないかを把握してください。続けていると変化にかならず気づきます」

初期に見つかればステージⅠ、乳房も温存、抗がん剤投与もなくて保険を使って治療費も最低限で収まる。でも一年後になれば1.5倍の大きさのステージⅡ、治療も多岐にわたり、再発率も高く、治療費は約5倍になることもあるそう。
「自分だけは大丈夫」という過信を持たないこと。そして正しい知識と定期的な検診を心掛けることが、乳がんのリスクを軽減する第一歩につながるはず…と大野先生はおっしゃいます。そのためにも自分に目を向けるタイミング、ピンクリボン月間は必要だと!

ピンクリボン キャンペーン支援製品(数量限定)で乳がん撲滅への研究資金をサポート

女性ひとりひとりに、乳房を思いやる心を伝える世界的なシンボルになっている「ピンクリボンキャンペーン」。エスティ ローダー グループが25年前から取り組む社会貢献活動は、世界70か国以上で展開され、225の医療プロジェクトにも活用されています。
世界の主要建築物をピンク色にライトアップする「グローバル ランドマークイルミネーション」を実施。日本では東京スカイツリー®、清水寺、姫路城、東急プラザ銀座がピンク色に点灯されています。また10月1日~は8つのブランドで数量限定のピンクリボン支援製品を発売。収益の一部が乳がん撲滅への研究資金となっているのです。

自分には関係ない。他人事…ではなく、11人に1人乳がんにかかる女性がいる日本。あなた自身はもちろん、周囲の女性でも可能性が高くなっている今、改めて関心を持ち、正しい情報をインプットしていきたいものです。

*1 出典:がん登録統計HP 及び総務省統計局人口推計HPより
*2 出典:がん情報サービスHPより

www.estee.co.jp/pinkribbon

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る