#プレ花嫁 必見!リップを主役にした旬顔花嫁メイク

著名人のウエディングも数多く手掛け、日本中のプレ花嫁たちから熱い支持を得ているヘア&メイクアップサロン faccie。代表の二法田サトシ氏を筆頭に、数多くの花嫁たちの理想を叶えながら、最先端を行くヘア&メイクを提案しています。 


今回はfaccie代表の二法田サトシさんが提案する、  和装×モードな旬顔の花嫁をご紹介します。

伝統あるスタイルのなかにも自分らしさを

厳かな和婚式、華やかでスタイリッシュな披露宴を迎えた今回の花嫁。特別な日だからこそ、自分の個性や好みを生かしたウエディングスタイルを提案しました。

挙式はフィンガーウェーブ風な毛流れのヘアスタイルに、和を感じる花を一輪を挿しました。日本古来の雰囲気を大切にしながらも、今らしいお洒落さを取り入れて。

挙式前の撮影では、開放的なロビーから臨む木々の緑や石垣に、洗練された姿がとても素敵でした。赤の和装小物とリンクさせた口紅があいまって、凛とした和装美を醸し出しています。

神前式。格式高い神殿へと、奥ゆかしい綿帽子姿で入場され、その姿はとても美しかったです。

厳かな空気の中、大切な方々に見守られて誓いを交わされ、キリスト教式や人前式とはまた違った格調高い式でした。

夫婦の契りが結ばれ、親族の絆もより強くつながります。美しい日本の伝統を感じる時間です。

披露宴は色打掛で簡単チェンジ!

披露宴入場スタイルは、彩り豊かな刺繍の色打掛へお召替え。印象が変わり空間が一層華やぎます。朱色のリップは全体のバランスと合わせたもの。

白無垢から色打掛へのチェンジは、打掛のみの着替えなら短時間で支度ができるのでおすすめです。

いよいよパーティー会場へ入場。親しい方々と一緒に過ごす特別な時間と空間。お食事はもちろん、お花や音楽、ライティング等もおふたりがこだわって丁寧に選んだものだそう。ゲストの皆さんの心にきっと残ったことでしょう。

ヘッドには存在感ある大輪の花を挿し、ミニマムなヘアスタイルだからこそ際立つお洒落なバランスです。

お色直しは刺繍とビーディングが美しいウエディングドレスへ

お色直しのスタイルはこちら。祝福の拍手のなか、ウエディングドレスで入場。繊細な刺繍とビーディングが素敵なドレスで、花嫁にとても似合っていました。

ヘアスタイルは顔周りにニュアンスを感じさせナチュラルモードに。エアリー感のあるスタイルはドライな質感だと柔らかい印象が強くなるので、オイルなどでウェット感を出すのがポイント。

リップの赤を主役に、乗せるメイクより引いたメイクで、“らしさ”のある旬顔へ。

伝統的な美しさも、今らしいお洒落さも感じられる素敵なウエディング。特別な時間をお手伝いさせていただき有難うございました。

★今回のワンアイテム紹介★

旬顔を手に入れるリップなら・・・シュウウエムラのルージュ アンリミテッド ラッカーシャイン LS RD 163


ルージュ アンリミテッド ラッカーシャイン LS RD 163  ¥3,300/シュウ ウエムラ

透け感のあるくすみの無い赤は、ナチュラルなモード感を演出するのに使用しやすい色味。リップを主役に他の部分を引いて、旬顔花嫁に挑戦してみて。

文/二法田サトシ

※プライスは税抜です。

二法田サトシ/ヘア&メイクアップアーティスト
ナビゲーター
二法田サトシ/ヘア&メイクアップアーティスト
faccie(ファシー)主宰。自身のイメージどおりに花嫁をおしゃれに美しく、最大限に輝かせる“今最も指名したい”No.1のヘア&メイクアップアーティスト。個性を活かしたナチュラルスタイルから、作り込んだエレガントなヘア&メイクアップまですべてを得意とし、卓越したバランス感覚と技術を併せ持つ。著書『HAPPY WEDDING HAIR&MAKEUP ORDER BOOK』(Discover 21)はプレ花嫁必携!
このナビゲーターの記事を見る