夏の“ダメージヘア”→ 秋の“色っぽヘア”にチェンジ!

秋になると、急に髪の傷みが気になる……という人、多いのでは? 夏に受けた紫外線などのダメージのせいかもしれません。そんな時こそ、カットとカラーリングでヘアチェンジ! この秋のトレンド、“ちょいレイヤー”と“寒色系ヘアカラー”を取り入れたスタイルで、気だるい色気を感じさせる美女に変身しませんか?

後頭部の“ちょいレイヤー”で“ウザバング”に

読者モデル・川谷恵理さん(IT関係・27歳)は、この夏、海やフェスなどアウトドアを満喫したそう。紫外線など夏のダメージで傷んだ髪を、少し切ってイメチェンしました! 全体の長さはあまり変えず、後頭部の髪に少しレイヤーを入れ、長めの前髪につなげて“Wバング”に。かき上げたときに自然と髪が落ち、色気が漂います。明るくなった髪色もネイビーでトーンダウンすればさらに落ち着いた雰囲気に。

目にかかる髪と寒色系ヘアカラーで“気だるい色気”を

スタイリングは巻いたりせず、シーミストでバサっとした質感を出すのがポイント。くせ毛風に仕上げることで、抜け感がでてオシャレ度もアップします。クールでキレイ目な印象に仕上がる寒色系のヘアカラーは、この秋冬のイチオシです!

夏に傷んだ髪でお悩みの人こそ、秋は“色っぽヘア”にイメチェンしてみて。

ヘアチェンジを担当してくれた冬木慎一さんのサロンはこちら!
ヘアサロンSui
http://sui-beauty.net/

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る