月経血コントロールって何? 知って得する生理に関わる健康法

こんにちは。今回は生理にまつわるお話しです。江戸時代の女性は、生理の時にふんどしのようなものに布1枚のみを敷いて生活をしていたそう。なぜ漏れるようなことがなかったのでしょうか…先人達に学ぶ、健康と美容について探ってみましょう。

生理は健康のバロメーター

From Getty Image

ストレスや食生活、冷えなど体内で起こっている不調は生理に表れます。経血の状態は、体が直接送ってくるとても大事なサインなので、セルフチェックをしてみましょう。

まず生理前の不調とは、
生理痛、PMS(月経前症候群)イライラや落ち込み、肌荒れ、顔や手足がむくみやすいetc…
どれか当てはまるという方は、このような経血ではありませんか。

・経血量が多い・少ない
・レバー状のかたまりがある
・黒っぽい赤色
・生理は長めですっきり終わらない

不規則な生活習慣や冷えが考えられるので、脂っこい食事やお酒を控え、野菜中心の食事を心がけ、ストレッチや軽い運動を取り入れて体を温めましょう。
そして、そんな方にオススメなのが布ナプキンです! 紙ナプキンから布ナプキンにすることで、劇的な変化や得することがたくさんあるのでご紹介したいと思います。

生理の悩みを軽減してくれる布ナプキン

From Getty Image

皮膚や粘膜を通して、物質が体内に取り込まれることを経皮吸収といいます。デリケートな膣の粘膜は、腕の皮膚に比べ、約40倍もの吸収率といわれています。石油化学系のナプキンが常に触れているわけですから、化学合成された高分子ポリマーなどによる毒素が生理前や生理中に、体や子宮に悪影響を及ぼすともいわれているんです。

江戸時代に比べると形やデザインも進化していますが、布ナプキンの良さは化学合成されたものは一切使わず、お肌に優しく、経血の状態を毎回チェックできること。また、使い慣れていくと「トイレの時だけ、まとめて経血を出す」という経血コントロールが身につきます。これにより骨盤底筋が鍛えられ、膣の締まりもよくなります。

経血コントロールのメリットは、
・生理が3〜4日で終わる
・姿勢が良くなり太りにくい体にしてくれる
・生理痛が軽くなる
・妊娠しやすい体になる
・骨盤底筋が鍛えられることで尿漏れ改善
・肌荒れも軽減される
・紙ナプキンのゴミも減らせて地球に優しい

生理痛やPMS、冷えなどの悩みなどを軽減してくることがわかりますね!

経血コントロールで快適な生活を

From Getty Image

生理は不快なものと思われがちですが、体と向き合うことで、自分自身のことをよく知ることができ、より健康と美容への意識が高まります。自然にきれいに、自分次第で生活も快適なものに変えていけるのです!

文/いわせ直美

生理

いわせ直美/合同会社ナオアンドパートナーズCEO・美容家
ナビゲーター
いわせ直美/合同会社ナオアンドパートナーズCEO・美容家
美容家、波動調整セラピスト(メンタル心理ヘルスカウンセラー)としてメイクアップや、メンタルヘルスケア・ビューティアドバイス・食育を通じてカウセリング指導をおこない、世の中の女性を輝かせる活動をしている。 また、ビューティ&ヘルスに関わる講演、セミナーの企画から講師派遣までをトータルプロデュース業をおこなう合同会社ナオアンドパートナーズの代表を務める。 Blog  https://ameblo.jp/naomiiwase/
このナビゲーターの記事を見る