あのエテュセが生まれ変わった!試し塗りレビュー公開

編集部のメンバーが気になるモノゴトを綴るエディターズ通信。あなたの気になるネタが見つかるかも!  

【Fromエディターズ】エテュセといえば、赤ちゃんのパッケージでおなじみですが、今年で創立30年を迎えブランドが刷新! アートディレクターには、あの吉田ユニさんが起用され、自分らしく自然体なおしゃれを楽しみながら、流行も取り入れたい女性に向けたメイクアップアイテムに生まれ変わったのです。

発売に先駆けて、さっそく全ラインナップを試させてもらいました!

<上段> リップグロス・唇用美容液 全8色 10g ¥1,200、<下段左から>アイブロウ全4色 6g ¥1,200、まつ毛用化粧下地 6g ¥1,000、マスカラ 全2色 6g ¥1,200 (3月26日発売) 、フェイスパウダー 7g ¥1,900、部分用化粧下地 5.5ml ¥1,200(4月23日発売)

上段がリップエディション、下段左がアイエディション、下段右がフェイスエディションの3ラインアップ。

リップはイエベ・ブルべ問わず、どんな肌色にもナチュラルになじむ全8色展開とのこと。それぞれ塗ってみると・・・

なかでもビビッとときめいたのが、02のグリッターピンクと07のモカベージュ。02はさりげなくピンクのグリッターが唇をきらりと可愛くみせ、07はリップは主張したくないけど、さりげなくおしゃれにしたい時にぴったりな絶妙な色でツボでした♡

夏になったら、03のビタミンオレンジや04のホットピンクも活躍しそうな予感。イエベですが、どの色を塗っても浮くことはなく、ナチュラルなおしゃな唇に♪

ふわっと柔らかな仕上がり。02のアッシュピンクは春めいて可愛い♡

そしてアイエディションには、マスカラとアイブロウマスカラが登場。マスカラはカールを長時間キープするブラックマスカラと、自然な抜け感を出せるニュアンスカラーマスカラの2色で、引き込まれる目元を演出できます。


アイブロウはひと塗りするだけで、理想のふわ眉が簡単にでき、細かいところまで塗りやすい小回りのきくブラシも優秀!


そしてフェイスエディションは、これからの季節に起きがちなメイク崩れを防ぐプライマーとパウダーが登場。もはやファンデいらずのフィルターをかけたようなフォギーな肌に。お直し用ポーチのスタメン入り確実アイテムです。

以前のエテュセから大ファンでしたが、今回のアイテムも優秀なアイテムばかり!店頭で見つけたら、即ゲットをおすすめします。(GINGEweb編集部 KOMIYA)

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る