辛い疲れ目・・・目元の老け印象を防ぐ、お助けアイテム

GIINGERのサポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載!


今回は目元の老け印象を一掃するアイテムについてお届け。慣れないテレワークでのPC作業増加などで、いつも以上に目が疲れているという方も多いのでは? このまま疲れ目を放置しておくと、目元の老けにも影響してしまいます。見た目の印象を左右する目元のケアを早急に取り入れましょう!

【中岡志保さん】3ステップで目元を重点的にケア

コロナの影響で家にいる時間が多くなっていますよね。私も在宅ワークになり、一日中ほとんど自宅にいる日々です。

在宅ワークは時間を有効利用出来るという良い面がある一方で、私は研究職なため、普段はずっとパソコンと睨めっこな仕事ではないので、座っていることの疲れや、目の疲れが出てきています。

今回は、そんな私の最近の目元ケアの必需品をご紹介させていただけたらと思います。

右から順番に

・VAN-VEAL イオンコンセントレートR 美容液:ボトックスと同じ成分を含んでおり、肌を柔らかくする効果があります。

・ジェイメック プラスリストア TA ホワイトクリームMD 美容液:トラネキサム酸を成分に含んでいる美白ケア品ですが、小じわなどにも効果があります。

・ESTEE LAUDER アドバンス ナイト リペア アイ S コンプレックスⅡ 美容液:目元用の美容液で、保湿をしっかりしてくれます。

この3つを夜、上から順番に使うことで、目元の肌を柔らかくし、小じわをケアし、最後にしっかり保湿する、ということを行っています。

特に最近お気に入りのジェイメック プラスリストア TA ホワイトクリームMD 美容液について詳しくご紹介しようと思います。

こちらですが、美白ケアアイテムなので、基本的には顔全体に馴染ませて使うものになります。

私は、もともと目元まわりにシミが出やすかったり、最近はマスクをして買い物などにも出掛けているので、顔全体の美白ケアは特に必要ではないため、今は目元だけに使っています。

テクスチャーはすごく伸びが良く、写真のようにほんの少しで目元全体をケアできます。体温でよりなめらかに溶けて馴染むので、塗布後ピタッとした密着感を感じます。

夜に塗って寝ると、翌朝目元がスッキリしている感じになるのでとてもお気に入りです。美白もシワもケア出来る、そんな商品を探している方はこちらの商品もぜひ検討してみてください。

美GINGER No.008 中岡志保
大手メーカーの化粧品の研究員として勤務。研究員ならではの独自の目線で、コスメを熱く語る。女子力の高めなコスメやグッズに夢中。旅が好きで年数回は必ず行くほど。インスタグラム@shihonakaoka_0603

【遠藤まりなさん】蒸気の力で目元をリフレッシュ!

毎日PCやスマホを使って目を酷使しているので、少しでも目の疲れを和らげたい・・・と思い購入したのが、Panasonicの目もとエステEH-SW57です。

特に目の疲れを感じた日の就寝前に使っています。

見た目はまるでVRゴーグルのようで、近未来感があるデザイン。肌に触れる部分は柔らかいゴムになっていて安定感があり、付属のバンドを頭にかけてずれないように固定することもできます。

装着してすぐにはあまり温かさを感じないものの、しばらくすると蒸気でじわじわ~っと目元全体が温まり、気持ちがよくってあっという間に眠りに落ちてしまいます。

自動で電源オフになるので、寝落ちしても安心です!装着しているたった数分間で、目元が潤い、血流もよくなり、疲れが取れるのでとても気に入っているアイテムです。

また、別売りのアロマタブレットを付けることができ、付けると優しいアロマの香りが広がります。お気に入りのラベンダーの香りのアロマを装着すると、まるでラベンダー畑にいるかのようなフローラルな香りで、一日の終わりにとっても癒やされました。

目元の疲れが取れるだけでなく、保湿効果やリラックス効果のある目もとエステシリーズを、ぜひ自分のご褒美に使ってみてはいかがでしょうか。

美GINGER No.032 遠藤まりな
東京都在住の商社勤務。年齢を重ねていくごとに美容への想いが目覚め、最近ではエステでさらに肌に磨きをかけている。読者モデルとして同世代の女性たちと同じ目線で情報を発信していく。  

美GINGER
ナビゲーター
美GINGER
働くアラサー女子を応援する女性誌『GINGER』読者のなかでも、ひときわ美容に探究心を持ち、外見はもちろん内面も美しくあることに情熱を燃やす選抜メンバー。フレッシュで実用的かつ独自の美容法やおすすめする美容情報を誌面、GINGERwebで発信しています。
このナビゲーターの記事を見る