もしかしてこれって異常?”生理痛がひどい”人に隠れた病気のサインとは

女性なら多かれ少なかれ誰にでもある生理(月経)痛。生理が重い、軽いなど、その時の体調によって毎月変わる場合もあるし、生理のときに感じる痛みは人それぞれで、他人とは比べられないもの。 基準は自分! 以前の自分と比べて、症状に変化がないかを見極めて。

生理は本来痛くない?重くない?

Licensed by Getty Images

生理(月経)のトラブル、特に生理痛は、多かれ少なかれ誰にでもあるもの。けれども、生理中に表れる強い下腹部痛や腰痛などで日常生活に支障が出たり、毎回、鎮痛剤を飲むほどなら、月経困難症です。生理は本来そんなには痛くないものです。

月経困難症には、器質性と機能性があります。何らかの原因となる病気 (子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症など)があったら器質性月経困難症。検査をしても病気が見つからない場合を機能性月経困難症と言います。どちらも、治療すればある程度改善できます。生理痛は当たり前とあきらめずに受診して! 

 症状がなくても健康のため、予防のために年1回は婦人科を受診し、経腟超音波で子宮や卵巣の様子を診てもらいましょう。

生理痛の症状は?
☑ 下腹部痛
☑ 腹痛
☑ 腹部膨満感
☑ 吐き気
☑ 頭痛
☑ 疲労
☑ 脱力感
☑ 食欲不振
☑ イライラ
☑ 下痢
☑ 憂鬱
——など

こんな症状に心当たりがあったら、要注意!

ひどい生理痛 ➡【月経困難症】

生理中の強い下腹部痛や腰痛などは月経困難症です。生理のある女性の30%に見られ、子宮内膜で作られる痛み物質(プロスタグランディン)により子宮が収縮するため腹痛や頭痛、吐き気、下痢などが起こります。

対策:子宮筋腫や子宮内膜症が原因のことも。症状がひどくなってきたと思ったら、我慢せず婦人科を受診するのが正しい判断!

自覚症状が出にくい ➡【貧血】

過多月経、頻発月経の人は、貧血を起こしている可能性があります。放置すると心臓に負担がかかり、ひどい場合は心不全に繋がるので要注意。自覚症状がない人もいて、立ちくらみ、息切れなどに気付かないことも。

対策:健康診断で貧血を指摘されたら婦人科と消化器科を受診して。

生理痛を緩和させる治療法とは?

生理痛には、低用量ピルなどのホルモン剤が有効とされています。低用量ピルとは、エストロゲンとプロゲステロンを含んだホルモン剤。ここでは代表的な2つをご紹介します。体質によって合わない人や副作用の心配など、多少のリスクもあるので、医師とよく相談して処方してもらいましょう。

低用量ピルの種類

【OC】
1日1錠決まった時間に内服することで、ほぼ100 %の避妊効果だけでなく、生理痛のほか、生理周期にまつわる不快症状(月経量が少なくなる、ニキビ)の改善や生理周期をずらしたりなどの調整ができます。日常生活のリズムが立てやすくなるメリットが。マイナートラブルとして飲み始めに吐き気、頭痛、胸が張るなどがあります。
【LEP】
OCと同じく、エストロゲンとプロゲステロンを含んだホルモン剤。超低用量ピルといわれ、第4世代の新しいピルです。月経困難症、子宮内膜症の病名が付けば、治療薬として健康保険が使えます。値段はOCと大きくは変わりません。OCとLEPどちらを選ぶかは、婦人科で相談して目的に合ったものを選ぶといいでしょう。

合わない人は?

低用量ピルの種類は豊富。 2種類のホルモンで作られていると言っても、各医薬品メーカーによって、成分が微妙に異なっています。 合わない場合は、別の種類を試してみるのも手。

副作用が心配…

頭痛がしたり、むくみやすくなったり、最初の1、2ヵ 月は、どの薬もマイナートラブルがあります。ガイドラインを超える量を飲まなければ、大きなリスクの心配はありません。

漢方薬で治療する方法も!

生理痛には、低用量ピルなどのホルモン剤が有効ですが、隠れた病気のない機能性月経困難症などは、漢方薬でも治療します。当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯が生理痛でよく処方される 3大漢方薬。医師(婦人科でも)に処方してもらえば、健康保険が適用されます。自分の体質に合った漢方薬を処方してもらうには、医師の診察を受けましょう。


【教えていただいたのは・・・】
女性医療ジャーナリスト 増田美加さん

エビデンスに基づいた医療情報、予防医学の視点からヘルスケアやアンチエイジングケアを発信。GINGER本誌、GINGERwebwでの連載も好評。

★あわせて読みたい!
#生理 #PMS はこちらから

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る