世界も注目している低糖質&グルテンフリーの「べジデコサラダ®」って!?

見た目も鮮やかにデコレーションされたホールケーキ! に見えますが、実はこちら甘いケーキに見えても、ほとんど野菜で作られている“ベジデコサラダ”なんです。小麦粉や砂糖をいっさい使わず、土台には糀と大豆粉、内側は豆腐と野菜の千切りのみ。世界からも注目され、日本でもキレイ感度が高い人に評判の、この新感覚サラダについて、ご紹介します!

低糖質&グルテンフリーで腸活にも最適!

小麦粉も砂糖もいっさい使っていない栄養満点のサラダ“ベジデコサラダ”。これは低糖質&グルテンフリーのメニューとして、グルテンフリー料理家でもある森安美月さんが考案。
甘いものを食べたい気持ちをおさえ、さらに体と心が心地よくなるメニューを提案したい…という思いが募り、この形になったそう。甘そうなケーキに見えるのに野菜の味がするので脳は一瞬、混乱しますが、鮮やかな見た目が加勢して、だんだん慣れていくようです。

【作り方1】土台は大豆粉を使い、甘糀と塩糀で味付け

作り方は4つのステップ。まずはホール全体を支える土台のスポンジを2枚作ります。もちろんグルテンフリー、低糖質のために大豆粉を使って、甘糀や塩糀で味を調え、クリームチーズでコクを加えます。

【作り方2&3】野菜のマリネ&クリーム作り


スポンジ2枚の間は、野菜のマリネと豆腐クリームで作ります。彩りを考えてチョイスした野菜4種類を幅1~2mmの千切りにして、レモン汁とオリーブオイルでよく混ぜ、マリネに。その後、冷蔵庫で冷やして味を落ち着かせます。野菜と野菜の間、そしてデコレーションに使う豆腐クリームも準備。水切りした豆腐を滑らかになるまで攪拌(かくはん)。ビーツなどを混ぜると、淡いピンク色に染まります。

【作り方4】豆腐クリームと野菜のミルフィーユでデコレーション仕上げ

ケーキ型の底に下準備したスポンジを敷き詰め、豆腐クリーム→野菜の順番にミルフィーユ状に4段重ねます。一番上にもスポンジを置いて、いったん冷蔵庫で冷やします。落ち着いたら型からはずし、残りの豆腐クリームで表面を整え、野菜で飾りつけます。

美味しくて、さらにキレイになる“ベジデコサラダ”。特別な料理法ではありません。使う野菜を替えて、通常のサラダを作る感覚で食材を切り、盛り付けましょう。最後のデコレーションを鮮やかに見せて、食べることが楽しくなるよう、ほんの少し変えるだけで、ヘルシーなライフスタイルが手に入るはずです。

低糖質&グルテンフリーでおいしくハッピー! ベジデコサラダの魔法 ¥1,300(税抜)/幻冬舎
写真/伊藤卓哉

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る