マスクをしている時のベースメイク、どうしてる?美容マニアのアイデア公開

GIINGERのサポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載!  


今回のテーマは、マスク着用時のベースメイクについて。マスクをつけるとせっかくのメイクが湿気や擦れで崩れてしまいがち。そんなメイク崩れを避けるための、美容マニアのアイデアをご紹介します。

【薩田晴加さん】UV対策も兼ね備えたベースメイク

新型コロナウイルス感染予防対策として、マスクが欠かせない毎日。マスクをつけるから、お化粧はしなくても大丈夫と思っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、暖かくなってきたこの時期は紫外線も強まりますし、マスクをして会話をすると表情の動きとともに、マスクと肌が擦れて落ちてしまいますよね。

そこで、マスクの日でも最低限のメイクとして私が愛用しているのが、こちらのベースメイクアイテムです。

ラロッシュポゼのUVイデアXLとタイムシークレットのミネラルUVパウダーです。

ラロッシュポゼはBBクリームなので肌色を調整してくれますし、敏感肌にも使える優れもの。また、石鹸で落とせるのでデイリーに使いやすいですよね。

タイムシークレットのUVパウダー(こちらは限定パッケージ)はカバー力がありながらも、SPF50+・PA++++と優秀なのです。このふたつで紫外線と擦れをカバーすることで、マスクによるダメージを防いでいます。

おうち時間が増えているので健康だけでなく、美容にも気をつけていきたいですね!

美GINGER No.029 薩田晴加
新米ママとして、子育てに奮闘しながらもいつまでもキレイなママでいられるよう美容も手を抜くことなく、さまざまな情報や方法を取り入れている。また、親子で使える肌に優しいコスメにはこだわりあり。インスタグラム@satt_haru  

【小林舞良さん】崩れしらずな鉄壁ベース肌はこう作る!

マスクをしている時の最低限メイクとして私のおすすめは、イプサのコントロールベイスとジバンシイのプリズム・リーブルというルースパウダーです。

マスクをしている時はお肌の休息期間と思い、なるべく負担を軽く済ませたいので、下地とパウダーだけで過ごしています。

イプサのコントロールベイスはイエローを使っています。赤みやくすみなどの色ムラを整えるために、小鼻のまわりや目のクマなど気になる部分にポイントでオンしています。

少量でのびが良く、軽いつけ心地なのでお肌の負担が軽減できます。

また、マスクをしていると鼻や口元が湿って油分が浮きやすいので、下地の後にいつもより念入りにルースパウダーを仕込んでいます。

ジバンシイのプリズムリーブル仕込んでおくと、化粧崩れしにくくなって、仕込んだ下地の効果が格段に長持ちします!

ルースパウダーはふわっと軽いテクスチャーで、きめ細やかな粒子が肌に溶け込むように広がるのが特徴。

ラベンダー、ブルー、グリーン、ホワイト4色のパステルカラーが合わさって肌の透明感を引き立たせ、光の効果でくすみを飛ばしてくれるのでとても気に入っています。

美GINGER No.026 小林舞良
通信会社のマーケティングに勤務。休日は子育ての合間にクラシックバレエやヒップアップなどの体型維持に努め、常にアンテナを張り、最新美容の情報キャッチに余念なし。特に美白とエイジングケアにこだわりがあり、シミやしわのない肌を目指す。化粧品検定1級を取得し、現在はコスメコンシェルジュやカラーコーディネーター検定を勉強中。インスタグラム@maira_ao  

美GINGER
ナビゲーター
美GINGER
働くアラサー女子を応援する女性誌『GINGER』読者のなかでも、ひときわ美容に探究心を持ち、外見はもちろん内面も美しくあることに情熱を燃やす選抜メンバー。フレッシュで実用的かつ独自の美容法やおすすめする美容情報を誌面、GINGERwebで発信しています。
このナビゲーターの記事を見る