【産婦人科医監修】生理痛のたびに市販薬を飲んでもいいの?

「学生時代に保健の授業で習ったけど、これってどうだっけ?」なんていう、生理やおりものについての疑問。毎月経験しているのに、自己判断してしまい、異常や病気の前兆を見逃している人も多いようです。もう一度学ぶべく、産婦人科医・高橋怜奈先生によくある疑問について伺いました。

Q.生理前の頭痛やイライラ。これって何が原因?

A. ズバリ、PMSが原因です!

PMS(月経前症候群)とは、生理の3~10日ほど前から身体的、精神的に不快な症状が現れる不調。主な症状は頭痛やイライラ、だるさ、睡魔、うつっぽさ、胸痛、腰痛、むくみ、食欲増加などです。

原因はハッキリしていないものの、排卵後に多く分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンが関係しているといわれています。改善法は、ホルモンバランスの変化を抑える低用量ピルや漢方薬の服用。症状が酷すぎるPMDD(月経前不快気分障害)の場合は、睡眠導入剤や抗うつ剤が必要なことも。いずれにせよ、婦人科を受診しましょう。

Q.生理痛のたびに市販の痛み止めを飲んでもOK?

A. 我慢せず、飲みましょう!

生理痛は「月経困難症」という病気。生理のたびに痛み止め薬を飲まずにはいられない、仕事を休むような場合は立派な月経困難症です。ちなみに痛みは我慢せず、市販薬を飲んでOK。

ただし、なぜ飲むほどの生理痛があるのか、いずれは原因究明を。痛みの裏には、子宮筋腫や子宮内膜症が隠れているかもしれません。生理痛がある人の半数は子宮内膜症があるといわれています。

Q.おりものが大量・・・これって大丈夫?

A. 明らかに増えたら、感染症などの恐れも

おりものは子宮内膜や子宮頸管などの分泌物の集合体。膣内を清潔に保つ自浄作用を持ち、排卵期には受精の手助けをしてくれます。

汗と同じで、量などには個人差があり、体調や生理周期でも変化します。日頃から自分にとっての正常なおりもの(量や臭い、形状、色など)を把握し、異常があった場合は婦人科を受診しましょう。ちなみに性感染症は8割が無症状。だから、症状はなくても、性交に関する気になることがあれば、婦人科へ。

【おりもので見る病気の種類】
カンジダ膣炎
状態・・・カッテージチーズ、酒粕のような状態で、量は多め。外陰部や膣のかゆみ、炎症、性交痛などを起こす。
原因・・・カンジダという真菌(カビ)が膣、外陰部に感染。女性に多い病気で、性交経験がなくても発症する。

細菌性膣炎
状態・・・黄色、茶色、クリーム色のおりもの。外陰部のかゆみあり。炎症が進むと、性交時に不正出血も。
原因・・・体内にもともといる細菌が異常に増殖して膣内で炎症を引き起こす病気。性感染症ではない。

トリコモナス膣炎
状態・・・あわ状、緑色や黄色、腐敗した魚臭のおりものが特徴。外陰部や膣の強いかゆみや痛みも伴う。
原因・・・膣トリコモナス原虫が、主に性交によって人にうつる。タオルや便器、浴槽などで感染することも。

淋菌感染症
状態・・・感染後1週間で黄色のおりものが出る。発熱、下腹部の痛み、尿道炎、子宮頸管炎などを起こす。
原因・・・淋菌が病原菌。性交によって感染する。オーラルセックスにより、のど、直腸にも感染する恐れが。


過敏になる必要はないけれど、知識として頭に入れておきたい生理やおりもののこと。いつか子どもを産みたいと考えている人はなおのこと。今のうちからチェックとケアをしておきましょう。

監修/産婦人科医・高橋怜奈先生
東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍。2016年6月にボクシングのプロテストに合格し、世界初の女医ボクサーに。女性医師が数多く所属する「女医+(じょいぷらす)」の一員として、健康の啓蒙活動なども行う。

イラスト/上坂じゅりこ

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る