驚異の効果を実感!小豆のパワーで腸内デトックス

古事記や日本書紀に小豆が登場し、8世紀には栽培が確立されていたことが考えられています。世界最古の中国の薬学書にも解毒剤、抗酸化剤として記述されているそうです。その効果とは想像以上のもの、すべての病いに効果的といわれているほど。日本のパワーフード、小豆の凄さをご紹介します。

小豆は邪気を祓う食べ物

Licensed by Getty Images

古来、小豆は「邪気を祓(はら)う食べ物」として知られていました。赤は「魔を除ける色」ということで「小豆を使った赤い食べ物」は厄除け、おはぎは邪気を払うとされ、ご先祖様にお供えされたそうです。神社でも厄除け団子などよく見かけますね。

小豆の効能

Licensed by Getty Images

・利尿、便通(宿便がとれる)助け毒下し
・腎臓の問題、浮腫、下半身のむくみ
・抗酸化作用、血圧降下
・ 血液をきれいにする
・ 日々の毒だし
・食欲増進、疲労回復
・老化予防、美肌効果

腎不全などカリウム摂取を控えないといけない人は注意してください。個人差があるかと思いますが、私も効果を実感! その効能を知れば知るほど目からウロコです。

小豆の食べ方

小豆の食べ方はいたって簡単、ご飯や煮物に入れて美味しく食べられます。

Licensed by Getty Images

おすすめは、かぼちゃのいとこ煮です。

(レシピ)
・小豆をカップ1杯に対して水は倍の2杯入れて、10分ほど強火で煮ます。
・煮立ったら今度は弱火でじっくりと小豆が柔らかくなるまでゆでます。
・小豆が柔らかくなったら(大体40分位)、かぼちゃを入れて15分くらい煮ます。
・ 最後の仕上げはお好みによって塩などで味を整えてください。

玄米に小豆を入れたり、パンやスイーツにもよく合います。
小豆は北海道産がおすすめです。豆類の品質は世界一といわれているほど。

生きるために働かせてきた知恵、昔の人の知恵はすごいです。温故知新の精神で日々豊かに生きていきたいですね。小豆療法、小豆美容は試す価値あり!

文/いわせ直美

いわせ直美/合同会社ナオアンドパートナーズCEO・美容家
ナビゲーター
いわせ直美/合同会社ナオアンドパートナーズCEO・美容家
美容家、波動調整セラピスト(メンタル心理ヘルスカウンセラー)としてメイクアップや、メンタルヘルスケア・ビューティアドバイス・食育を通じてカウセリング指導をおこない、世の中の女性を輝かせる活動をしている。 また、ビューティ&ヘルスに関わる講演、セミナーの企画から講師派遣までをトータルプロデュース業をおこなう合同会社ナオアンドパートナーズの代表を務める。 Blog  https://ameblo.jp/naomiiwase/
このナビゲーターの記事を見る