痩せる食べ方って? ダイエット中なら、美肌・代謝アップが叶うサムギョプサルがおすすめ!

「バラ肉」は太るーなんてナンセンス。問題は、食べ方とチョイスです。 リーズナブルでおいしくて、仲間とワイワイ盛り上がる、”サムギョプサル”。美容大国で知られる韓国のソウルフードは、伝統的に特産品を組み合わせて、健康を考えられたさすがの料理。美肌、美脚で知られるわけ、何と言っても”代謝アップ”の食材がいっぱいです。 基礎代謝が落ちるアラサーになったら、カロリーカットにばかり目を向けるのではなく、自分の代謝アップする栄養素を”食べるダイエット”にシフト!減らすばかりじゃ、カラカラの老けボディに。韓流美人を見習って、食べて代謝を上げることが、美ボディへの近道です。  お肉大好き、お酒もちろん好き。管理栄養士がオススメする、今日から使える実践版。

豚バラ肉は怖くない!代謝アップの心強い味方

From Getty Image

脂たっぷりの豚バラ肉は、どうしても敬遠しがち。しかし、豚肉は”代謝ビタミン”ビタミンB群の含有量がトップクラス。サムギョプサルはこの豚バラ肉の代謝パワーをしっかり吸収しつつ、余分なエネルギーを抑えることができる素晴らしい料理なんです。 ①よく焼く・・焼くとカロリーの20%カットと言われています。しかも、サムギョプサルの斜めになった鉄鍋は余分な脂が落ちる仕組み!さすが!衛生面も考えて、よーーく焼きましょう。 ②分厚いお肉・・かみごたえがあり、少量で満腹感が得られます。 ③野菜たっぷり!〜 一人前200gぐらいのお店が多いですが、野菜をたっぷりにして巻いて食べましょう!すると100〜150gでお腹いっぱいになります。足りないあなた、野菜の巻き方が甘いっ!

最強の助っ人!「エゴマの葉」巻いて巻いて〜モリモリ食べよう!

From Getty Image

サムギョプサルは「エゴマの葉」を手軽に、しかもモリモリ食べやすい、貴重な料理です。エゴマは何と言っても抗酸化作用が強く、βカロチン、ビタミンCビタミンEがいっぱい。体をサビさせない、老化を予防するということですから、代謝アップし、余分な脂肪を予防!もちろん美肌にも効果的。エゴマの葉はシソ科の植物で独特の香りがありますから、豚バラ肉の脂をさっぱりとさせてくれるんです。

肌ツヤ派は「マッコリ。」シェイプ派は「焼酎」

From Getty Image

女子に大人気の”マッコリ”は言わずと知れた発酵食品、腸の調子を整えてくれ、美肌や便秘などに大変効果的なお酒です。より、シェイプに重点をおきたい方は、糖質ゼロの蒸留酒「韓国焼酎」が安心です。本場韓国ではサムギョプサルには焼酎、が定番とか。自称大酒飲みは焼酎が良いかも!?

味噌やタレは少なめに。キムチの美味しさでいただきましょう♪

From Getty Image

サムギョプサルについてくる甘辛い味噌やタレは意外と糖質が入っています。アラサーになったら素晴らしい発酵食品キムチをたっぷり巻いて、野菜の美味しさでいただきましょ♪

文/管理栄養士 松田真紀

松田真紀/管理栄養士
ナビゲーター
松田真紀/管理栄養士
アスリート管理栄養士 20年に渡る大手広告代理店でのプランナー経験を生かし、トータルフードプランナーとして独立。自らがアスリートとして身体で実証した実践できる栄養プランの提案をポリシーとしている。前田家の食卓~食べて身体を整えるレシピ~《幻冬舎出版》栄養監修。2017年7月初の自著として、居酒屋で何を食べればやせるかを図解入りで詳しく紹介する「居酒屋ダイエット」(三笠書房)を出版。
このナビゲーターの記事を見る