塗り方ひとつで激変!定番ブラウンシャドウでできるトレンドメイク

ヘア&メイクアップアーティスト 木部明美さんの人気連載「おとなメイク実験室」通称“キベラボ”。 毎月、さまざまなテーマを決めて、木部さんの感性が光るメイクのTIPSをお届けしています。 今回は4回シリーズで、最近のコスメ展示会で木部さんが見つけたいいモノを使って、美GINGERメンバーの吉羽真紀さんが4変化!  

撮影/勝吉祐介(PEACE MONKEY)
読者モデル/吉羽真紀
取材・文/GINGERweb編集部    

今回使用するコスメは・・・

先月の展示会クルーズで、木部さんが特に夢中になったブランドのひとつが「TREE(スリー)」。

今回は8月8日(水)に発売される新作のなかから、マットからツヤへと自在にテクスチャーが変化する「アルカミストツイストフォーアイ」を使います。

「定番のブラウンシャドウといえば、読者の皆さんもよく使っているはず。でも塗り方ひとつで、印象はかなり変えられるんですよ」

アルカミストツイストフォーアイ(09)¥3,500、チーキーシークブラッシュ(15)¥3,000/ともにスリー

吸い込まれるような印象的な目元に

この秋は、目元にインパクトがあるメイクが流行る予感。ブラウンアイシャドウで、秋のファッションにも似合う、ちょっとコケティッシュなアイメイクにトライしてみましょう。自分の普段の塗り方と、比べてみてくださいね」

まずは付属のチップで直接、シャドウを乗せていきます。

「上まぶたの内側3分の2くらいまで、二重の線に沿って。あとから伸ばすので、思いきってしっかり乗せてOKです。目頭から下まぶたにも、全体がCの形を描くように乗せてください」

指でとんとんと伸ばします。

「ブラウンシャドウは塗り方によってはコンサバな印象になってしまうことも。あえて顔の内側寄りに入れることで、目の丸さが際立つので、クラシカルでおしゃれな印象に。シャドウが濃いめなので、アイラインは描かずに、抜け感を残して

完成!

レディライクかつモード感のある、旬なメイクが完成! ぐっと視線が吸い寄せられる、印象的な目元に仕上がりました。

「定番のブラウンシャドウも、どう塗るかによってまったく違った雰囲気を楽しめることがおわかりいただけましたか? ぜひ自分でもいろいろ試して、メイクを楽しんでくださいね!」

※価格はすべて税抜です。

木部明美(PEACE MONKEY)/ヘア&メイクアップアーティスト
ナビゲーター
木部明美(PEACE MONKEY)/ヘア&メイクアップアーティスト
GINGERの表紙やファッション、ビューティページをはじめ、数々の女性誌で活躍し、女優やモデルたちからの信頼も絶大。著書『きべっちのトキメイク』も好評発売中!
このナビゲーターの記事を見る