よく見てみると実はガサガサ!? 夏の体の乾燥…お風呂の中で乾燥対策始めよう!

こんにちは! ロート製薬の中村です。GWも終わり、ようやく本格的に新年度が動き出した感じがしますね。5月に入って暑く感じる日も多くなってきました。新生活と気温の変化にまだ体が慣れない……なんて方も多いのではないでしょうか。そんな時は、バスタイムでリラックス。ボディウォッシュにもこだわって、リラックスしながらボディケアもしちゃいましょう!
お風呂が楽しくなる、気持ちいい泡のボディウォッシュをご紹介します♪

冬だけじゃない! 夏の乾燥肌も深刻。

ようやく湿度もあがってきて、乾燥シーズンが終わった……とボディケアをおろそかにしていませんか!?  ここ数年、冬だけでなく夏の乾燥肌も問題になっています。これは、エアコンの冷房によって室内が乾燥するためにおこるもの。しかも、真夏は、強い紫外線が肌のバリア機能を低下させ、乾燥を加速させます。 さらに、湿度や気温が高すぎる環境が、肌に乾燥を招くケースもあるといいます。 エアコンのきいた室内と、暑くて湿度の高い室外を行き来することは、肌にとってかなり過酷な状況。自律神経のバランスが乱れるもとになったり、血流の低下が起こり、冷えの加速につながることも。夏でも室内の温度を冷やしすぎないように注意しましょう。 シャワーですませず、お風呂に入って体を温めることも大切ですよ! 

年中トラブルにさらされがちな肌だから……ボディウォッシュを変えてみよう♪

肌のうるおい成分は、体を洗う時に汚れと一緒に流れてしまいがち。特にタオルなどでゴシゴシ洗うと、肌をこすりすぎて肌のうるおいまで洗い流してしまうことがあります。
ふわふわの泡でやさしく手洗いできるのが「ケアセラ泡の高保湿ボディウォッシュ」。肌のうるおいやバリア成分をしっかり守りながら、汚れだけを選んで落とす、ケアセラ独自の「次世代洗浄技術」が採用されています。 

顔を洗う時と同じように、体も手洗いが理想。

ケアセラのふわふわ泡には、こだわりのうるおい成分が! ケアセラの泡は、7種類の天然型マルチセラミド(*1)や3つの植物エキス(*2)配合のセラミドホイップ(*3)なんです。
ケアセラなら、きめ細かいしっとり泡を直接手のひらにのせて優しく洗うことで、肌のうるおいを守りながら洗い上げることができます。

 *1 うるおい成分:セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミドEOS、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン
*2 タンブリッサトリコフィラ葉エキス、フキ葉/茎エキス、カミツレ花エキス
*3 肌のセラミドの働きを守る泡状のボディウォッシュ。

お湯の温度も大切! お風呂の中でできる乾燥肌対策☆

手でやさしく体を洗うだけでなく、お湯の温度も大事なポイント。 体を洗ったら、38~40℃のぬるめのお湯に10~15分ゆっくり浸かります。熱すぎるお湯だと、汚れや過剰な皮脂のみならず、肌に必要な皮脂まで溶け出していまいます。 ゆっくりお風呂に入ると体も気持ちもほぐれますよね。自分へのご褒美に、ゆっくりとしたバスタイムを確保して、丁寧にボディをケアをしてあげてはいかがでしょうか。
去年から汗ばむ季節になるとあせもがでてくるようになってしまった私……。「お風呂でケア」を取り入れて、肌のバリア機能を守ってキレイ肌キープを目指します♡

ロート製薬株式会社
ナビゲーター
ロート製薬株式会社
ロート製薬は創業117年。目薬を始めとした医薬品やスキンケア商品など、お客様の「美と健康」を支える商品をお届けしています。これからも、世の中を健康にするために、常識の枠を超えてチャレンジし続けていきます。
このナビゲーターの記事を見る