目を大きく見せたいなら、肌づくりの見直しが必要!? ~小田切メイク講座

ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんによれば、厚塗りの“マットすぎる肌”は 小さな目を強調するだけ!なのだとか。だからこそ、 ベースメイクは 極力、薄く! 立体感のある目元を作るための “肌作り”のポイントをレクチャーします。

抜け感のある立体肌は、ツヤ:マット=3:7

質感の印象がツヤ:マット=3:7になるのがベストのバランス。保湿系下地を顔全体に広げ、マットファンデーションをTゾーンを中心にのせる。仕上げにハイライトを鼻のつけ根と目頭にのせれば完成です。

顔全体に塗る保湿系下地として使用したのは、ムー スキンエクスパート SPF50+・PA+++ 25g ¥2,700(ハーブラボ)。絶妙な透け感のベージュカ
ラーで、色むらやくすみをカモフラージュしてくれます。

Tゾーンに塗るマットファンデーションは、ナチュラルラディアント ロングウェアファンデーション 全18色 各¥6,100(ナーズジャパン)。欠点をカバーしながら上質なハーフマット肌に仕上げてくれます。

いかがでしたか?
目を大きく見せたいなら、アイメイクと同時にベースメイクも見直してみて。
きっと印象が変わるはず!

※プライスはすべて税抜です。

撮影/[モデル]押尾健太郎、[静物]さとうしんすけ 
ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る