【ハップアール】クレンジング&洗顔で素肌がよろこぶスキンケア

新生活スタートや初めましてのシーンが増える春。好感度が決め手の季節だからこそ、毎日のスキンケアで意識したいのは“透明感”。素肌から美人を狙うなら、まずはクレンジング&洗顔で洗うケアの見直しを。この春注目したいブランド「ハップアール」の魅力を探ります。

優しく洗える洗顔ととろみ系クレンジングで素肌美人に 

ハップアールって?
美白歯みがきの“アパガード”でおなじみのメーカーが開発したスキンケアブランド。 肌ダメージの原因※1だけオフし、素肌美人に必要な皮脂は残す、独自成分「アパリン」※2を配合した洗顔アイテムに注目して!
※1:余分な皮脂、酸化した皮脂、古い角質。
※2:ヒドロキシアパタイト(洗浄補助成分)。

〈右から〉
ハップアール フェイスウォッシュ 120g ¥2,000
余分な皮脂や古い角質を選択吸着するアパリン配合。必要な皮脂は残してくれるので、洗ったあともつっぱらず、潤いのある肌をキープ。

ハップアール クレンジングクリーム 120g ¥2,200
アパリン+植物由来のスクワラン※3も配合したクリームタイプのクレンジング。しっとり質感が肌の上で心地よく、透明感ある洗い上がり。

※3:保湿成分。

“洗うケア”に、手を抜かない。35歳くらいから、素肌に差が出てくる

美白や透明感アップに力を入れたい季節。与えるケアはもちろん落とすケアの大切さを、美肌の先輩・永富千晴さんに教えてもらいました。

「つけたものを落とすことは、着たものを脱ぐのと同じくらい面倒なこと。手早く済ませたいけれど、適当になってしまっては、その後のケアが入りにくいし、将来の肌のためにもNG。年齢を重ねても美肌を維持している女性を見ていると、その差は35歳くらいから現れてくるのかなと感じます。やはりいろいろ気を付けていて、日頃のスキンケアも落とすところから手を抜かない、というのが共通しているかも」

とはいえ、世の中に化粧品はあふれるほどあって、どんなものを選ぶのが正解?と感じている人も多いはず。

「たくさんの製品がある中で、じゃあこれを使ってみようと思うひとつの基準として、その会社が何をしているの?という部分に注目します。今回の “ハップアール”は、あのアパガードを作っている会社だったので興味があったし、透明感という意味でもイメージしやすかったです。そして、実際に使ってみてハッとしたのはテクスチャー。2品とも少し硬めの質感なのですが、“練り感”が独特で、肌になじませるとスルスルほどけていくなめらかなペーストという感じ。歯みがきを作っている技術がここにも活かされている!とちょっとワクワク。洗い上がりは、ツルンッというよりは、スルンと優しい感触。落としすぎず、必要な潤いは肌に残してくれるのが特徴といえそう。ハップアールは、テクスチャーの心地よさにプラスαの魅力を感じました。これも使って初めてわかったこと。興味を持って、試して、発見して、見極める力をどんどん養っていくことが、良いものに出会える近道です」

美GINGERふたりが、ハップアールをお試し!

渡邊成佳さん(31歳/秘書)

どちらもテクスチャーがすごく心地いい! すっぴんに自信が持てました。
クレンジングはこっくりとしたテクスチャーで、クセになりそう。洗顔後の肌はすっきりしたのにつっぱり感がなく、素肌がキレイになっていく気がしました。


林佑香 さん(31歳/SE)  

クレンジングも洗顔も、肌に潤いが残ったままきちんと洗えていました
キメ細かい泡で洗顔すると、小鼻の皮脂や汚れが取れてつるつるに! 洗い上がりはきちんと肌に潤いが残ってました。透明感もアップした気がします。

問い合わせ先
サンギ 
0120・82・4101
https://www.hap-r.com/


撮影/[人物]青柳理都子、[静物]松本拓也
ヘア/一番合戦 彩(drive for garden)
編集協力/青木麻理(tokiwa)

※プライスは税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る