美容プロのひとクセ保湿!こだわりの「水分ブロック」&「水分補給」とは?

保湿とは・・・乾燥しすぎないように、湿度を一定の範囲内に保つこと(『広辞苑』より)。あれもこれもと欲張ると続かないから、 朝・昼・夜とシンプルでも高効果の潤いケアを徹底することが大切です。

そこで、保湿ケアにこだわりを持つ美容のプロ、6名がアンサー。試したらきっとハマる、ひとクセある保湿を伝授します。

美容のプロのひとクセ保湿Q&A  


Q. ずばり、保湿とは?

美容オイルコンシェルジュ YUKIEさん

A. エイジング、ニキビ、肌荒れなど、すべてのトラブルに共通するお手入れであり、理想的な肌といわれる「ハリ・ツ ヤ・キメ・柔らかさ」を作る原点。肌はもともと排泄器官なので、水分蒸散しやすいのが特徴です。そのため、オイルを徹底的に味方に。入浴後はタオルドライを軽めにし、すぐにオイルをフェイシャルから全身に塗布したり、バスタブにオイルを入れるなど肌の水分を逃がさない工夫をしています。


ビューティエディター  寺田奈巳さん

A. 保湿とは、肌の奥までたっぷり水分を入れ込み、とどまらせること、そして水分を蒸発しないようにすること。化粧水もただなじませるのではなく、押し込むように入れ込む、これを水分が入らなくなるまで3回程度繰り返すのを基本に。


美容家 石井美保さん

A. 一日中、乾くスキを与えないこと。朝は20分かけて丁寧にスキンケアしています。

伊勢丹新宿店 化粧品バイヤー  岡部麻衣さん

A. 肌が潤っているかはもちろん、心も体も潤っていることが、女性らしさのベースだと思っています。逆に言うと、乾く=女性らしさを失うこと。指先や髪の保湿までこだわりたいですよね。


美容ライター 穴沢玲子さん

A. 乾燥感は絶対に放置せず、湿潤状態をできるだけキープすることがカギ。目尻や口周り、シミ部位、生え際、赤みが気になる小鼻周りなどあらゆる部位の乾燥も見逃しません。

 

歯科医 関有美子さん

A.  顔の保湿は七難隠す!だから毎日パックして、柔らかそうな求肥のような肌を目指しています。


Q. 内側からも潤えるものですか?

美容ライター 穴沢玲子さん

A.  乾燥が気になるときはヒアルロン酸を作らせる乳酸菌配合ドリンクを1週間継続投入。

ヒアルロン酸を作らせる乳酸菌液を20,000㎎配合した美容ドリンク。ヒアルモイスト発酵液 50ml×10本 ¥4, 000/日清食品


 歯科医 関有美子さん

A.常温または白湯で毎日2ℓ以上、お水をしっかり飲むこと。また、たまに焼き肉をがっつり。若いころと同じように油物を食べると肌が潤い元気になる気がします。


伊勢丹新宿店 化粧品バイヤー 岡部麻衣さん

A. 朝イチのスムージー、朝晩のサプリ、パウダーを溶いたミネラルウォーター、夜のハーブティーなど終日通してこまめに水分補給を。


美容家 石井美保さん

A. セラミドをキープするサプリを欠かさず飲んでいます。

水分を逃しにくくする機能が認められた国内唯一の「トクホ」商品。ゆず風味のパウダー。 オルビス ディフェンセラ 1.5g ×30包 ¥3,200/オルビス


Q.これをすると乾きにくい、という習慣は?

ビューティエディター  寺田奈巳さん

A.血行を促すと、酸素や水分が体に巡ります。肌の潤いまでを見つめた炭酸入浴剤でしっかり温まるのを日課に。

水素と炭酸のシルキー泡に包まれ、ケアしたようなハリ、ツヤ肌に。スパ パーフェクション ベルガモットブルームの香り 50g ¥198(編集部調べ)/バスクリン


歯科医 関有美子さん

A. 顔を洗いすぎないこと!

​※価格はすべて税抜きです。


●教えて頂いたのは・・・


GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る