もう始めないとマズい!春からのUV対策はベースメイクから!【アラサーコスメ】

GIINGERのサポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載!

今回は春のUV下地について。桜の開花宣言もされ、いよいよ春本番が間近に! そこで気になるのが紫外線です。今のうちから使い始めたい、優秀UV下地をご紹介します。

【浅井裕美さん】365日UVケアは欠かせない!デイリー使いのUV下地

空に太陽がある限り、避けられないのが紫外線による肌へのダメージ。趣味のマラソンでアクティブに活動したくなる分、日々のUVケアを心がけて、肌の光老化を防ぎたいと思っています。そんな私が使っているUV下地を紹介します。    

まずはビオデルマのホワイトシリーズの「ピグメンビオデイリーUVケアホワイト」。SPF50+・PA++++と、強い日差しからしっかり肌を保護してくれるUV下地です。この下地の良いところはパール成分が含まれていて、ツヤっとした肌が作れるところ。肌に優しく伸びがよいので、長時間つけていても肌に負担が少ない気がします。個人的にはややカバー力が控えめに感じるので、上に重ねるファンデはカバー力が優れたものを選ぶようにしています。同じピグメンビオのラインでは、ふき取るタイプのクレンジングウォーターも気になるところです。    

何回もリピ使いしているラロッシュポゼのトーンアップUV「UVイデア XL プロテクショントーンアップ」。こちらもSPF50+・PA++++で、紫外線から肌を守ってくれるのですが、紫外線のみならず、大気汚染などの外的要因からも肌を守りながら、低刺激というもの。花粉で肌がゆらぐ私にはありがたいアイテムです。

こちらはあまり外に出かける予定のない、お休みの日に肌ケア目的で使うUV下地。「津田コスメ UVカラーバーム」です。2色あるうちの写真のものはナチュラルピンクで、SPF50・PA++++と紫外線防止効果はバッチリ。更にブルーライトも99%カットしてくれるそう。水や添加物を使っていないバームで、ちょっと重めのテクスチャーなのですが、つけている方が肌に良いといわれている通り、肌のお守りのようなバームです。

何とかして少しでも防ぎたい光老化。便利なUVアイテムを使って、肌を紫外線から守っていきましょう。

美GINGER No.001浅井裕美
働く人の心の健康やストレスについて大学院で研究。現在は保健師として健康のアドバイスを行っている。趣味のランニングや気になる美容情報をミーハー精神でお届け。インスタグラム@yuming8558 

 【千葉レイラさん】ゲレンデでも美白をキープしたUV下地

今年の冬は例年より暖かったですが、ウィンタースポーツを楽しみたくてスキー場に何回も行きました。スキー場ではもちろんですが、紫外線対策を欠かさずしています。スポーツをするときは軽めのメイクにしたいけれど、きちんと肌のケアもしながらカバー力もあって、肌をキレイに見せてくれる下地を購入しました!

韓国ブランドのMISSHAのハーバルパッチクリームです。

スキンケアをしながら、ニキビ跡や赤みをカバーしてくれる下地兼ファンデーションです!

化粧下地としてもファンデーションとしても使える化粧品ですが、下地として使うときは薄く馴染ませる感じで、ファンデーションとして使うときはもうちょっと量を出して、赤みが気になるところには重ね塗りをします。

今年はスノーボードをしたり、札幌の雪まつりや雪が多い場所に行ったりしていましたが、このハーバルパッチクリームを使ったので、日焼け知らずでした♪

美GINGER No.007 千葉レイラ
カナダで生まれ育ち、現在は日本に移住し英会話講師として勤務。海外コスメやヘアケアに関して一家言あり。気に入ったコスメはとことん使い倒す主義。インスタグラム@chocolatepretzelsx  

美GINGER
ナビゲーター
美GINGER
働くアラサー女子を応援する女性誌『GINGER』読者のなかでも、ひときわ美容に探究心を持ち、外見はもちろん内面も美しくあることに情熱を燃やす選抜メンバー。フレッシュで実用的かつ独自の美容法やおすすめする美容情報を誌面、GINGERwebで発信しています。
このナビゲーターの記事を見る